プロフィール

naotabi

Author:naotabi

広島人です。
国内・海外問わず、旅が好きです。
旅先で見上げる、空が好きです。

World66 - visited countries


◆ 最新の旅 ◆

(検討中...)


◆ 過去の主な旅 ◆

(2013)
●東アジア杯男子初優勝記念(後付け)!
陸路で巡る五族協和の旅一ヶ月
●JALディスカウントマイルで行く!
世界最大の花と世界最小の猿を訪ねるフィリピン・ボルネオ2週間
(2011-2012)
●七十二日間インドネシア・インド横断
(2011)
●六十日間東北・北海道一周
(2010)
●百二十三日間世界一周
●二週間で八重山離島巡りからの~~~中国サンフレACL観戦
(2009-2011)
●四国八十八箇所霊場&別格二十霊場 煩悩の旅
(2004)
●グァム再訪3泊4日(妹の挙式)
(2003)
●ハワイ3泊5日(卒業旅行と見せかけて、実は某娘。FC主催ボッタクリツアー)
(2002)
●オーストラリア家族旅行1週間
(1999)
●三十五日間東南アジア周遊(初海外一人旅)
(1998)
●ネパール(障害児のための学校スタディツアー10泊11日)
(1992)
●グァム(往復にっぽん丸で9泊10日)


◆ 訪れた国・地域 ◆

[国内]
●アイヌコタン(北海道)
●琉球王国(本島・八重山諸島)
●大阪民国(五年三ヶ月在住)
●東京砂漠(四年半在住)
他、佐賀県(通過)を除く全都道府県

[東アジア]
●韓国
(ソウル・釜山・都羅山・臨津江・DMZ)
●北朝鮮
(平壌・開城・板門店)
●中国
(北京・天津・済南・青島・香港・マカオ・丹東・瀋陽・ハルピン・チチハル・ハイラル・ノモンハン・エレンホト)
●台湾
(台北)
●モンゴル
(ウランバートル⇔ザミンウード・ハラホリン・テレルジ)

[東南アジア]
●タイ
(バンコク・メークロン・カンチャナブリ・サンクラブリ・アユタヤ・チェンマイ・メーサイ・チェンセーン・チェンコーン・チェンライ・ゴールデントライアングル・ノーンカーイ)
●ミャンマー
(タチレクのみ1時間滞在)
●ラオス
(フェーサイ⇒ルアンパパン⇒ヴィエンチャン⇒サバナケット⇒パクセー⇒チャンパーサック)
●ベトナム
(ギアライ⇒サイゴン⇒ニャチャン⇒ホイアン⇒フエ⇒ハノイ・ハロン湾)
●カンボジア
(ポイペト⇔シェムリアップ)
●マレーシア
(KL・マラッカ・ジョホールバル・コタキナバル・キナバル公園・ラナウ・ラブアン島)
●シンガポール
●インドネシア
(バリ⇒ブロモ山⇒ジョグジャ⇒ジャカルタ)
●フィリピン
(マニラ・セブ・ボホール島)
●ブルネイ

[南アジア]
●インド
(コルカタ⇒ブッダガヤ⇒バラナシ⇒カジュラホ⇒サーンチー⇒ボーパール⇒アジャンター⇒アウランガバード・エローラ⇒ムンバイ・エレファンタ島⇒デリー)
●ネパール
(カトマンドゥ⇔ポカラ)

[中東]
●ヨルダン
(アンマン⇔死海⇔ペトラ)

[ヨーロッパ]
●フィンランド
(ヘルシンキ)
●イタリア
(ローマ⇔ソレント・ポンペイ・カプリ島・アマルフィ・ポジターノ・ピサ・フィレンツェ)
●ヴァチカン市国
●ギリシャ
(アテネ⇔サントリーニ島)
●イギリス
(ロンドン・グリニッジ⇔ストーンヘンジ・バース・ソールズベリー)

[北米]
●アメリカ
(ハワイ・LA・ナイアガラ⇒NY)
●カナダ
(バンクーバー⇒トロント⇒ナイアガラ)

[オセアニア]
●グァム
●オーストラリア
(ケアンズ・グリーン島・ブリスベン・ゴールドコースト)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
タグ一覧

バックパッカー 世界一周 タイ カンチャナブリ エアアジア カナーン ベトナム アメリカ カナダ ロサンゼルス ラオス インドネシア ギリシャ バンクーバー ナイアガラフォールズ バリ マレーシア バンコク 北海道 インド 北朝鮮 パクセー イギリス サイゴン アテネ 香港 ビエンチャン モンゴル ロンドン トロント ビザ LCC フエ 中国 山形 青森 JAL 丹東 航空会社 ニューヨーク コタキナバル ブルネイ フィリピン サンクラブリ ホイアン とほ宿 ニャチャン 韓国 ウブドゥ 東アジアカップ 平壌 米沢 カオサン ハノイ 養老牛温泉 佐呂間 滝川 深夜特急 竜飛 あけぼの 稚内 比布 増毛 からまつの湯 多和平 裏摩周 オンネトー 開陽台 棟方志功 青函トンネル記念館 竜飛海底駅 屈斜路湖 弟子屈 土方歳三 トラピスチヌ修道院 一人旅 阿寒湖 亀田八幡宮 五稜郭 函館 イラン おくりびと 山寺 急行きたぐに 直江兼続 カープ栗原実家 ZESTGIRLS 蔵王温泉 新潟 ライダーハウス 一筆書き スカイマーク 搭乗拒否 特典航空券 個人旅行 燃油 フランス パリ スカイスキャナー SkyScanner 燃油代 知床五湖 知床岬 羅臼湖 下川裕治 格安航空会社 クライストチャーチ ニュージーランド 津軽二股 BIG APF ATF ウナベツ温泉 アジア万感 プロモ山 民宿日出 ジョグジャカルタ メークロン コルカタ バラナシ ブッダガヤ ジャカルタ マラッカ ノーンカーイ フィレンツェ ピサ エール ハロン湾 クアラルンプール 格安航空 ダライ・ラマ カジュラホ ハルピン ソウル ノモンハン 下関 釜山 青島 仁川 ボホール マニラ アウランガバード ボーパール サーンチー Perfume NEXUS7 セブ ボルネオ アマルフィ ソレント ダーツ 仙庭 えりも岬 旅サラダ 東北 絢香 みんな空の下 羅臼 とおまわり 義経 ハチクマ 三厩 太宰治 盛岡 リゾートしらかみ 秋田 エアアラビア 坂口憲二 ヘルシンキ 台湾 サントリーニ フィンランド ワットポー ローマ イタリア アンマン ペトラ 安宿 日本人宿 タイガーエア サントリーニ島 エーゲ海 ヨルダン 瀬戸内海 津軽今別 

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22日目:のっかりバスの旅、スタート


15000kipの朝食を終え、
相変わらず愛想悪いお姉さんには挨拶しないで、チェックアウト。

部屋もハズレだった。

隣がクラブだったから…(略



トゥクトゥクで少し離れたバスターミナルへ。



ここはラオス南部やベトナムへの長距離バスが発着する。


えーと、、、ベトナム行きは、っと、、、


    19:00


          (´・ω`・)エッ?


まだ朝の9時でっせ......._| ̄|〇


これは見なかったことにして(w、
横にあるもうひとつの時刻表に目をやる。

こっちは国内の路線。ベトナムの地名があるはずがなく、、、


  やべ。。。

と、背後から「日本の方ですかぁ~?」


振り向くと、細身でよく日焼けしてロン毛を後ろで縛って
旅しちゃってる感をムンムンに漂わせた青年。

彼(Tさん)は、世界一周の旅に出て、すでに1年半。

ワンワールドの世界一周航空券で東回りに6大陸。最後に、アジア。
香港から日本への最終区間を捨てて、陸路で廻っているとのこと。

カナーンにも以前泊まったことがあるそうで、SHUさんももちろん御存知。


はて、世界一周航空券の有効期間は1年だったはずだが…って聞いてみると、


    意外とそれは融通が利いちゃうらしい(w


Tさんはこれから南のパークセーへ。

そっからホーチミンへ抜け、
北上して中国に入りチベット、ヒマラヤを越えてインドでゴール。

    しかも、途中で北朝鮮へ寄り道する予定( ゚д゚ )クワッ!!


相手が旅巧者なら尚更心強い。

大船に乗った気持ちで(勝手に)、


  北でも南でもいいからベトナム行くならのっからしてもらいますわ~(゜∀゜)


・・・と、9:30発のパークセー行にあっさり経路変更。


11年前はサバナケットまで乗ったけど、パークセーはもうちょっと先。

旅慣れてる人と一緒だから、所要時間のこととかもう適当。


  「歩き方によると、12時間ぐらいかかるらしい。。。」

    「ふへぇ~」


ってな感じ。


    宿は?

       それもどうにかなるっしょ。

         旅慣れてる人と一緒やもん。

気楽…(´∇`)


肉まんとラオス名物フランスパンのサンドイッチを買って、
(包み紙は売り子の女の子のものと思われる、ラオ語で数式が書かれたノートの紙だった)
通路にとうもろこしみたいなのを山積みにした
ラオスの超オンボロバスにも懐かしさを感じながら、
のっかりバスの旅、スタート。

すがに11年で郊外の道も一応舗装して走りやすくなってるな~とか
感心しながら、2時間ぐらい。

途中突然止まったかと思えば、周囲になんにもない野山でのトイレ休憩。

老若男女関係なく、草むらで用を足す。

やっぱり若い女性は、少し遠くのほうへ。

こんな光景も・・・見たことある気がする。
自分はする気にはちょっとなれないけど。


次の停車は、食堂の前。

ラオスの食堂では緑やピンクの卵が売られてたけど、
なんで色を塗ってあるんだろう。。。

あと、蓮の花も売ってるんだけど、
食べるのかお供えものなのか、目的不明。。。


夕方、突然停車。

今度は、エンジントラブル。

車体後部のベルトが回ってるところを開けてなにやらやっていると、
直ったのかどうか分からないけど、
とりあえずエンジンかかったので再出発。


サバナケットについて、カオニャオ(もち米)と焼き鳥の夕食。

日が暮れて、真っ暗。


所要12時間にしては、まだ1/3ほどの距離が残ってる。

今夜はひょっとして・・・不安が頭をよぎる。

車内に詰まれた荷物は、さらに増えていた・・・。
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

tag:世界一周 バックパッカー ラオス ビエンチャン

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。