プロフィール

naotabi

Author:naotabi

広島人です。
国内・海外問わず、旅が好きです。
旅先で見上げる、空が好きです。

World66 - visited countries


◆ 最新の旅 ◆

(検討中...)


◆ 過去の主な旅 ◆

(2013)
●東アジア杯男子初優勝記念(後付け)!
陸路で巡る五族協和の旅一ヶ月
●JALディスカウントマイルで行く!
世界最大の花と世界最小の猿を訪ねるフィリピン・ボルネオ2週間
(2011-2012)
●七十二日間インドネシア・インド横断
(2011)
●六十日間東北・北海道一周
(2010)
●百二十三日間世界一周
●二週間で八重山離島巡りからの~~~中国サンフレACL観戦
(2009-2011)
●四国八十八箇所霊場&別格二十霊場 煩悩の旅
(2004)
●グァム再訪3泊4日(妹の挙式)
(2003)
●ハワイ3泊5日(卒業旅行と見せかけて、実は某娘。FC主催ボッタクリツアー)
(2002)
●オーストラリア家族旅行1週間
(1999)
●三十五日間東南アジア周遊(初海外一人旅)
(1998)
●ネパール(障害児のための学校スタディツアー10泊11日)
(1992)
●グァム(往復にっぽん丸で9泊10日)


◆ 訪れた国・地域 ◆

[国内]
●アイヌコタン(北海道)
●琉球王国(本島・八重山諸島)
●大阪民国(五年三ヶ月在住)
●東京砂漠(四年半在住)
他、佐賀県(通過)を除く全都道府県

[東アジア]
●韓国
(ソウル・釜山・都羅山・臨津江・DMZ)
●北朝鮮
(平壌・開城・板門店)
●中国
(北京・天津・済南・青島・香港・マカオ・丹東・瀋陽・ハルピン・チチハル・ハイラル・ノモンハン・エレンホト)
●台湾
(台北)
●モンゴル
(ウランバートル⇔ザミンウード・ハラホリン・テレルジ)

[東南アジア]
●タイ
(バンコク・メークロン・カンチャナブリ・サンクラブリ・アユタヤ・チェンマイ・メーサイ・チェンセーン・チェンコーン・チェンライ・ゴールデントライアングル・ノーンカーイ)
●ミャンマー
(タチレクのみ1時間滞在)
●ラオス
(フェーサイ⇒ルアンパパン⇒ヴィエンチャン⇒サバナケット⇒パクセー⇒チャンパーサック)
●ベトナム
(ギアライ⇒サイゴン⇒ニャチャン⇒ホイアン⇒フエ⇒ハノイ・ハロン湾)
●カンボジア
(ポイペト⇔シェムリアップ)
●マレーシア
(KL・マラッカ・ジョホールバル・コタキナバル・キナバル公園・ラナウ・ラブアン島)
●シンガポール
●インドネシア
(バリ⇒ブロモ山⇒ジョグジャ⇒ジャカルタ)
●フィリピン
(マニラ・セブ・ボホール島)
●ブルネイ

[南アジア]
●インド
(コルカタ⇒ブッダガヤ⇒バラナシ⇒カジュラホ⇒サーンチー⇒ボーパール⇒アジャンター⇒アウランガバード・エローラ⇒ムンバイ・エレファンタ島⇒デリー)
●ネパール
(カトマンドゥ⇔ポカラ)

[中東]
●ヨルダン
(アンマン⇔死海⇔ペトラ)

[ヨーロッパ]
●フィンランド
(ヘルシンキ)
●イタリア
(ローマ⇔ソレント・ポンペイ・カプリ島・アマルフィ・ポジターノ・ピサ・フィレンツェ)
●ヴァチカン市国
●ギリシャ
(アテネ⇔サントリーニ島)
●イギリス
(ロンドン・グリニッジ⇔ストーンヘンジ・バース・ソールズベリー)

[北米]
●アメリカ
(ハワイ・LA・ナイアガラ⇒NY)
●カナダ
(バンクーバー⇒トロント⇒ナイアガラ)

[オセアニア]
●グァム
●オーストラリア
(ケアンズ・グリーン島・ブリスベン・ゴールドコースト)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
タグ一覧

バックパッカー 世界一周 タイ カンチャナブリ エアアジア カナーン ベトナム アメリカ カナダ ロサンゼルス ラオス インドネシア ギリシャ バンクーバー ナイアガラフォールズ バリ マレーシア バンコク 北海道 インド 北朝鮮 パクセー イギリス サイゴン アテネ 香港 ビエンチャン モンゴル ロンドン トロント ビザ LCC フエ 中国 山形 青森 JAL 丹東 航空会社 ニューヨーク コタキナバル ブルネイ フィリピン サンクラブリ ホイアン とほ宿 ニャチャン 韓国 ウブドゥ 東アジアカップ 平壌 米沢 カオサン ハノイ 養老牛温泉 佐呂間 滝川 深夜特急 竜飛 あけぼの 稚内 比布 増毛 からまつの湯 多和平 裏摩周 オンネトー 開陽台 棟方志功 青函トンネル記念館 竜飛海底駅 屈斜路湖 弟子屈 土方歳三 トラピスチヌ修道院 一人旅 阿寒湖 亀田八幡宮 五稜郭 函館 イラン おくりびと 山寺 急行きたぐに 直江兼続 カープ栗原実家 ZESTGIRLS 蔵王温泉 新潟 ライダーハウス 一筆書き スカイマーク 搭乗拒否 特典航空券 個人旅行 燃油 フランス パリ スカイスキャナー SkyScanner 燃油代 知床五湖 知床岬 羅臼湖 下川裕治 格安航空会社 クライストチャーチ ニュージーランド 津軽二股 BIG APF ATF ウナベツ温泉 アジア万感 プロモ山 民宿日出 ジョグジャカルタ メークロン コルカタ バラナシ ブッダガヤ ジャカルタ マラッカ ノーンカーイ フィレンツェ ピサ エール ハロン湾 クアラルンプール 格安航空 ダライ・ラマ カジュラホ ハルピン ソウル ノモンハン 下関 釜山 青島 仁川 ボホール マニラ アウランガバード ボーパール サーンチー Perfume NEXUS7 セブ ボルネオ アマルフィ ソレント ダーツ 仙庭 えりも岬 旅サラダ 東北 絢香 みんな空の下 羅臼 とおまわり 義経 ハチクマ 三厩 太宰治 盛岡 リゾートしらかみ 秋田 エアアラビア 坂口憲二 ヘルシンキ 台湾 サントリーニ フィンランド ワットポー ローマ イタリア アンマン ペトラ 安宿 日本人宿 タイガーエア サントリーニ島 エーゲ海 ヨルダン 瀬戸内海 津軽今別 

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8日目:旧泰緬鉄道に乗る

カンチャナブリ3日目 ━━━━━━



この日は、映画「戦場にかける橋」でお馴染みの
(って結構知らない人多いけど)

旧泰緬鉄道に乗ってみることにした。


戦時中、物資輸送を目的として日本軍が捕虜や現地人を大量に動員し、
タイからビルマまで超突貫工事で無理矢理作らせた鉄道。

バンコク・ノーイ(トンブリー)からカンチャナブリを経て
その先約80kmのナムトックまで、
今も現役の国鉄路線として営業している。

この路線に限って、タイにしては珍しく外国人料金があり、
1駅だけ乗っても100B、逆に全部乗っても100B。

・・・かなりムチャな料金設定がされてます。


カンチャナブリ駅へ行くと、切符を売る窓口の前に
現地のツアー会社が机を出し、

  「コーヒー紅茶水おしぼり乗車証明書付で300B!!!」

の特別優待席の切符を販売していた。

 厳密に言うと渡した300Bのうち100Bを持って
 おっさんが代わりに切符を買ってくれるだけ。

 残り200Bはコーヒー紅茶水おしぼり乗車証明書のお値段。

 勝手にグリーン車みたいなものかと思い込んで300B払ってしまったが、
 考えてみればここはタイ

 車両は他のともちろん同じでボロ。
 (座布団を敷くことで差別化が図られてますがw)

 仮にグリーン車だったにしても、通常運賃の3倍はありえんだろー、、、
 アフォくさー┐(´ー`)┌

 さらに、、、金銭感覚をなくしたオレは
  コーヒー紅茶水なんぞには目もくれず、
  別途有料しかも市価の倍以上1本80Bもするシンハを
  立て続けに3本空け、むりくりテンションをあげるのだった。。。


11:00頃の列車に乗り込む。

ここから80km、なのに丸々2時間かかる。
この国の(というか東南アジアだいたい)鉄道は、バスより遅い。

しかもろくに保線作業がされていないため、
「これでよく脱線しないな」と感心するくらい、車両が揺れる。

車両の端の席に座ってると、隣の車両がレールの継ぎ目の度に
跳ねてるのがよく分かる。

だから隣の車両へ行く人は、皆タイミングを見ながらジャンプで飛び移ってたw


最初の駅は、クウェー川鉄橋駅。
この「クウェー川鉄橋」が、いわゆる「戦場にかける橋」。

車内は最初ガラガラだったけど、
1時間ほどして、ほぼ中間地点のタキレン駅から
ツアー客がどどどっと乗ってきて、満員に。

この先が、崖の横に木で橋脚を築き、無理矢理線路を通した
最難関(=ハイライト)区間。

まぁ乗ってるのはほぼ全員観光客なので、
(というか単に危ないから?)
列車も徐行してくれます。

ツアー客はタキレンから30分くらい乗って、みんな降りて行きます。

終点ナムトックに着いたときには、嵐の後のなんとやらで、またガララーガ。


終点の先にある、
あまり迫力のない滝サイヨークノーイでしばらく遊んで、
今度はバスで帰ろうと思ったらバス来ネー(・A・)イクナイ!!

結局また鉄道で、今度は100Bだけ払って、カンチャへ帰ったのでした。。。
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

tag:世界一周 バックパッカー タイ カンチャナブリ カナーン

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。