プロフィール

naotabi

Author:naotabi

広島人です。
国内・海外問わず、旅が好きです。
旅先で見上げる、空が好きです。

World66 - visited countries


◆ 最新の旅 ◆

(検討中...)


◆ 過去の主な旅 ◆

(2013)
●東アジア杯男子初優勝記念(後付け)!
陸路で巡る五族協和の旅一ヶ月
●JALディスカウントマイルで行く!
世界最大の花と世界最小の猿を訪ねるフィリピン・ボルネオ2週間
(2011-2012)
●七十二日間インドネシア・インド横断
(2011)
●六十日間東北・北海道一周
(2010)
●百二十三日間世界一周
●二週間で八重山離島巡りからの~~~中国サンフレACL観戦
(2009-2011)
●四国八十八箇所霊場&別格二十霊場 煩悩の旅
(2004)
●グァム再訪3泊4日(妹の挙式)
(2003)
●ハワイ3泊5日(卒業旅行と見せかけて、実は某娘。FC主催ボッタクリツアー)
(2002)
●オーストラリア家族旅行1週間
(1999)
●三十五日間東南アジア周遊(初海外一人旅)
(1998)
●ネパール(障害児のための学校スタディツアー10泊11日)
(1992)
●グァム(往復にっぽん丸で9泊10日)


◆ 訪れた国・地域 ◆

[国内]
●アイヌコタン(北海道)
●琉球王国(本島・八重山諸島)
●大阪民国(五年三ヶ月在住)
●東京砂漠(四年半在住)
他、佐賀県(通過)を除く全都道府県

[東アジア]
●韓国
(ソウル・釜山・都羅山・臨津江・DMZ)
●北朝鮮
(平壌・開城・板門店)
●中国
(北京・天津・済南・青島・香港・マカオ・丹東・瀋陽・ハルピン・チチハル・ハイラル・ノモンハン・エレンホト)
●台湾
(台北)
●モンゴル
(ウランバートル⇔ザミンウード・ハラホリン・テレルジ)

[東南アジア]
●タイ
(バンコク・メークロン・カンチャナブリ・サンクラブリ・アユタヤ・チェンマイ・メーサイ・チェンセーン・チェンコーン・チェンライ・ゴールデントライアングル・ノーンカーイ)
●ミャンマー
(タチレクのみ1時間滞在)
●ラオス
(フェーサイ⇒ルアンパパン⇒ヴィエンチャン⇒サバナケット⇒パクセー⇒チャンパーサック)
●ベトナム
(ギアライ⇒サイゴン⇒ニャチャン⇒ホイアン⇒フエ⇒ハノイ・ハロン湾)
●カンボジア
(ポイペト⇔シェムリアップ)
●マレーシア
(KL・マラッカ・ジョホールバル・コタキナバル・キナバル公園・ラナウ・ラブアン島)
●シンガポール
●インドネシア
(バリ⇒ブロモ山⇒ジョグジャ⇒ジャカルタ)
●フィリピン
(マニラ・セブ・ボホール島)
●ブルネイ

[南アジア]
●インド
(コルカタ⇒ブッダガヤ⇒バラナシ⇒カジュラホ⇒サーンチー⇒ボーパール⇒アジャンター⇒アウランガバード・エローラ⇒ムンバイ・エレファンタ島⇒デリー)
●ネパール
(カトマンドゥ⇔ポカラ)

[中東]
●ヨルダン
(アンマン⇔死海⇔ペトラ)

[ヨーロッパ]
●フィンランド
(ヘルシンキ)
●イタリア
(ローマ⇔ソレント・ポンペイ・カプリ島・アマルフィ・ポジターノ・ピサ・フィレンツェ)
●ヴァチカン市国
●ギリシャ
(アテネ⇔サントリーニ島)
●イギリス
(ロンドン・グリニッジ⇔ストーンヘンジ・バース・ソールズベリー)

[北米]
●アメリカ
(ハワイ・LA・ナイアガラ⇒NY)
●カナダ
(バンクーバー⇒トロント⇒ナイアガラ)

[オセアニア]
●グァム
●オーストラリア
(ケアンズ・グリーン島・ブリスベン・ゴールドコースト)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
タグ一覧

バックパッカー 世界一周 タイ カンチャナブリ エアアジア カナーン ベトナム アメリカ カナダ ロサンゼルス ラオス インドネシア ギリシャ バンクーバー ナイアガラフォールズ バリ マレーシア バンコク 北海道 インド 北朝鮮 パクセー イギリス サイゴン アテネ 香港 ビエンチャン モンゴル ロンドン トロント ビザ LCC フエ 中国 山形 青森 JAL 丹東 航空会社 ニューヨーク コタキナバル ブルネイ フィリピン サンクラブリ ホイアン とほ宿 ニャチャン 韓国 ウブドゥ 東アジアカップ 平壌 米沢 カオサン ハノイ 養老牛温泉 佐呂間 滝川 深夜特急 竜飛 あけぼの 稚内 比布 増毛 からまつの湯 多和平 裏摩周 オンネトー 開陽台 棟方志功 青函トンネル記念館 竜飛海底駅 屈斜路湖 弟子屈 土方歳三 トラピスチヌ修道院 一人旅 阿寒湖 亀田八幡宮 五稜郭 函館 イラン おくりびと 山寺 急行きたぐに 直江兼続 カープ栗原実家 ZESTGIRLS 蔵王温泉 新潟 ライダーハウス 一筆書き スカイマーク 搭乗拒否 特典航空券 個人旅行 燃油 フランス パリ スカイスキャナー SkyScanner 燃油代 知床五湖 知床岬 羅臼湖 下川裕治 格安航空会社 クライストチャーチ ニュージーランド 津軽二股 BIG APF ATF ウナベツ温泉 アジア万感 プロモ山 民宿日出 ジョグジャカルタ メークロン コルカタ バラナシ ブッダガヤ ジャカルタ マラッカ ノーンカーイ フィレンツェ ピサ エール ハロン湾 クアラルンプール 格安航空 ダライ・ラマ カジュラホ ハルピン ソウル ノモンハン 下関 釜山 青島 仁川 ボホール マニラ アウランガバード ボーパール サーンチー Perfume NEXUS7 セブ ボルネオ アマルフィ ソレント ダーツ 仙庭 えりも岬 旅サラダ 東北 絢香 みんな空の下 羅臼 とおまわり 義経 ハチクマ 三厩 太宰治 盛岡 リゾートしらかみ 秋田 エアアラビア 坂口憲二 ヘルシンキ 台湾 サントリーニ フィンランド ワットポー ローマ イタリア アンマン ペトラ 安宿 日本人宿 タイガーエア サントリーニ島 エーゲ海 ヨルダン 瀬戸内海 津軽今別 

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

37日目:MISSION COMPLETE!!!

ラオスとベトナムを縦断したこの旅のフィナーレは、

   ベトナムきっての景勝地、ハロン湾


  ハ(龍)ロン(降りる)

   ⇒ 龍が舞い降りてきて火をふいて
      中国からの侵略を防いだとも。


 もちろん世界遺産だけど、

   近年の環境悪化で取り消される可能性も出てきてるとか。


日帰りツアーなので急いで朝食を掻き込んで、朝7時過ぎに出発。

フォト


  ハノイからは意外と遠く(200kmぐらい?)、

         少し渋滞もしてバスで4時間半ほどかかった。

    休憩は途中の土産屋で1回(30分)。

フォト
フォト


 朝は天気良くていつも通り日焼け止めを塗りたくったんだけど、

   ハロン湾が見え始めた頃になって、

        俄かにザザーーッっと降り始め。。。(´Д⊂

    到着時には止んだものの、曇り空。


ツアー毎に船をチャーターして乗るのかと思ったら、

   他のツアーとごちゃ混ぜらしい。満員。

 自分達のツアーで日本人は僕らだけだったけど、
 
   もう一方の団体には日本人が10人近くいたのかな?

  夏休みのOLとか、教員とか、リタイア組とか、

    聞こえてくる日本語からいろいろ想像できた。

フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト


出港してひとしきり写真タイムが終わったら、昼食タイム。

 ミーソン遺跡ツアーの昼食がしょぼかったから期待してなかったけど、

  今回はちゃんとした食事がいただけました。

フォト
フォト


    船上で飲むビアハノイまいうー!!(;^▽^)


絶景ポイントまで進んで、ストップ。

 どこからともなく、小船に乗って物売りが。

   果物とか、飲み物とか。

  なぜかそこでは魚の養殖?もやっており、

    生簀を見学。

フォト
フォト
フォト


40,000ドン(=200円)の追加料金を払って、

    小船に乗り換えて洞窟探検。

  皆頭を低くして、海面に開いた小さな穴の中に突っ込んでいった。

 洞窟は行き止まりではなく、向こうへ抜けられる。

   そこは、断崖に囲まれた別世界。

フォト
フォト


帰りは、別のコースを通って鍾乳洞へ。

 これ自体はまぁ修学旅行で行った沖縄の玉泉洞や

    山口の秋芳洞みたいたもので

  日本人にはさほどの驚きはないんだけど、

     ライトアップが派手だったり、

 自然の水の流れを壊して噴水みたいなのを作ってたり、、、ってのが

   ちょっと違ったかな?

フォト
↑さとうきびの生ジュース


午後4時頃、帰りのバスへ。

 手違いなのかなんなのか分からないけど、なんかグダグダ。

  どのツアーとか関係なく、とにかく来たツアーバスに乗れって感じで

    明らかに行きのメンツとは違う。

  隣に座ってた関西人?らしくマシンガントークの止まらない

   お姉さま方に話しかけられて適当に相手してたら

    4時間があっという間に過ぎたヽ(´ー`)ノマターリ


夕食は、何にしようか迷ったけど、

  宿の近くの屋台で、フォーサオ(フォーをXO醤?で炒めたもの)を。

フォト


 けど、、、まだ体調が、、、というよりは、、、食欲が戻ってなかった。。。

   昼食は普通に食べられたけど、

     なぜかこの激旨フォー炒め、、、意外とボリュームあって

      (麺だけみたらフォーじゃなくて、きしめんだった^^)

      食べても食べても嵩が減らず。。。

フォト


  半分も食べることが出来なかった。。。完敗。。。_| ̄|○

    屋台のおばちゃんに申し訳なくて

      逃げるように店を後にした。。。


ところで、、、明日の早朝にバンコクへ帰るというこの期に及んでも、

  実はまだひとつだけ、、、ミッションが残っていた。


   それは、「ビアホイの制覇」。


 学生時代の東南アジア旅行で聞いた話では、


  「ベトナムでは『ビアホイ』というところで

     水みたいな薄いビールを浴びるように飲むらしい・・・」と。


 でも今回、、、サイゴンで早速ビアホイ体験しようと聞いて廻るも、

  そもそも店がない、見つからない。

   サイゴンに住んでる日本人には


     「ビアホイって何?」


   とまで言われる始末で。。。(´Д`)


  結局、「どうやらビアホイは北のもので、南にはないらしい…」ってことになって、

    ハノイでビアホイを体験することが、

     この旅の最終ミッションになっていた。


 食後も街をぶらついてると、屋台街の一角に、

   突如「お馴染みのスケベイスみたいなのに

       座ってひたすらビールだけを飲む屋台群」が出現(゚∀゚)!!

 
     ただ、、、よく見るとそれは瓶ビール。


 いやそれは、、、なんか、、、なんか想像と違う。


      うぅ~~~~~ん。。。。。。


          困った。。。。。。┐(´へ` )┌


  が、、、ふと背後を見ると、、、


    何の店か分からないけど、店頭にビアタンクが。


  そこには、張り紙が。


    「BIA HOI COOL 4,000」

フォト


キ…(-_-)キ(_- )キ!(-  )キッ!(   )キタ(.  ゚)キタ!( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━━!!!


  お馴染みのスケベイスみたいなプラスチックの椅子 ⇒ チープ。

   ビールはコップ1杯4,000ドン(=20円) ⇒ チープ。

  味もたしかに薄い ⇒ チープ。

   注いだコップはもちろんプラスチック ⇒ チープ。


    ビアホイ、、、このチープづくし。。。タマラン(´Д`)

フォト


明日は、TG(タイ国際航空)でバンコクへ戻る。


 ・・・ベトナムでやりたかったこと、全部完了。


     ミッションコンプリート!!!\(^o^)/


 体調不良で1杯だけに留めたけど、

   なんだかんだで半月以上のっかってお世話になったTさんと共に、

     最後の祝杯を挙げた。
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

tag:世界一周 バックパッカー ベトナム ハノイ ハロン湾

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。