プロフィール

naotabi

Author:naotabi

広島人です。
国内・海外問わず、旅が好きです。
旅先で見上げる、空が好きです。

World66 - visited countries


◆ 最新の旅 ◆

(検討中...)


◆ 過去の主な旅 ◆

(2013)
●東アジア杯男子初優勝記念(後付け)!
陸路で巡る五族協和の旅一ヶ月
●JALディスカウントマイルで行く!
世界最大の花と世界最小の猿を訪ねるフィリピン・ボルネオ2週間
(2011-2012)
●七十二日間インドネシア・インド横断
(2011)
●六十日間東北・北海道一周
(2010)
●百二十三日間世界一周
●二週間で八重山離島巡りからの~~~中国サンフレACL観戦
(2009-2011)
●四国八十八箇所霊場&別格二十霊場 煩悩の旅
(2004)
●グァム再訪3泊4日(妹の挙式)
(2003)
●ハワイ3泊5日(卒業旅行と見せかけて、実は某娘。FC主催ボッタクリツアー)
(2002)
●オーストラリア家族旅行1週間
(1999)
●三十五日間東南アジア周遊(初海外一人旅)
(1998)
●ネパール(障害児のための学校スタディツアー10泊11日)
(1992)
●グァム(往復にっぽん丸で9泊10日)


◆ 訪れた国・地域 ◆

[国内]
●アイヌコタン(北海道)
●琉球王国(本島・八重山諸島)
●大阪民国(五年三ヶ月在住)
●東京砂漠(四年半在住)
他、佐賀県(通過)を除く全都道府県

[東アジア]
●韓国
(ソウル・釜山・都羅山・臨津江・DMZ)
●北朝鮮
(平壌・開城・板門店)
●中国
(北京・天津・済南・青島・香港・マカオ・丹東・瀋陽・ハルピン・チチハル・ハイラル・ノモンハン・エレンホト)
●台湾
(台北)
●モンゴル
(ウランバートル⇔ザミンウード・ハラホリン・テレルジ)

[東南アジア]
●タイ
(バンコク・メークロン・カンチャナブリ・サンクラブリ・アユタヤ・チェンマイ・メーサイ・チェンセーン・チェンコーン・チェンライ・ゴールデントライアングル・ノーンカーイ)
●ミャンマー
(タチレクのみ1時間滞在)
●ラオス
(フェーサイ⇒ルアンパパン⇒ヴィエンチャン⇒サバナケット⇒パクセー⇒チャンパーサック)
●ベトナム
(ギアライ⇒サイゴン⇒ニャチャン⇒ホイアン⇒フエ⇒ハノイ・ハロン湾)
●カンボジア
(ポイペト⇔シェムリアップ)
●マレーシア
(KL・マラッカ・ジョホールバル・コタキナバル・キナバル公園・ラナウ・ラブアン島)
●シンガポール
●インドネシア
(バリ⇒ブロモ山⇒ジョグジャ⇒ジャカルタ)
●フィリピン
(マニラ・セブ・ボホール島)
●ブルネイ

[南アジア]
●インド
(コルカタ⇒ブッダガヤ⇒バラナシ⇒カジュラホ⇒サーンチー⇒ボーパール⇒アジャンター⇒アウランガバード・エローラ⇒ムンバイ・エレファンタ島⇒デリー)
●ネパール
(カトマンドゥ⇔ポカラ)

[中東]
●ヨルダン
(アンマン⇔死海⇔ペトラ)

[ヨーロッパ]
●フィンランド
(ヘルシンキ)
●イタリア
(ローマ⇔ソレント・ポンペイ・カプリ島・アマルフィ・ポジターノ・ピサ・フィレンツェ)
●ヴァチカン市国
●ギリシャ
(アテネ⇔サントリーニ島)
●イギリス
(ロンドン・グリニッジ⇔ストーンヘンジ・バース・ソールズベリー)

[北米]
●アメリカ
(ハワイ・LA・ナイアガラ⇒NY)
●カナダ
(バンクーバー⇒トロント⇒ナイアガラ)

[オセアニア]
●グァム
●オーストラリア
(ケアンズ・グリーン島・ブリスベン・ゴールドコースト)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
タグ一覧

バックパッカー 世界一周 タイ カンチャナブリ エアアジア カナーン ベトナム アメリカ カナダ ロサンゼルス ラオス インドネシア ギリシャ バンクーバー ナイアガラフォールズ バリ マレーシア バンコク 北海道 インド 北朝鮮 パクセー イギリス サイゴン アテネ 香港 ビエンチャン モンゴル ロンドン トロント ビザ LCC フエ 中国 山形 青森 JAL 丹東 航空会社 ニューヨーク コタキナバル ブルネイ フィリピン サンクラブリ ホイアン とほ宿 ニャチャン 韓国 ウブドゥ 東アジアカップ 平壌 米沢 カオサン ハノイ 養老牛温泉 佐呂間 滝川 深夜特急 竜飛 あけぼの 稚内 比布 増毛 からまつの湯 多和平 裏摩周 オンネトー 開陽台 棟方志功 青函トンネル記念館 竜飛海底駅 屈斜路湖 弟子屈 土方歳三 トラピスチヌ修道院 一人旅 阿寒湖 亀田八幡宮 五稜郭 函館 イラン おくりびと 山寺 急行きたぐに 直江兼続 カープ栗原実家 ZESTGIRLS 蔵王温泉 新潟 ライダーハウス 一筆書き スカイマーク 搭乗拒否 特典航空券 個人旅行 燃油 フランス パリ スカイスキャナー SkyScanner 燃油代 知床五湖 知床岬 羅臼湖 下川裕治 格安航空会社 クライストチャーチ ニュージーランド 津軽二股 BIG APF ATF ウナベツ温泉 アジア万感 プロモ山 民宿日出 ジョグジャカルタ メークロン コルカタ バラナシ ブッダガヤ ジャカルタ マラッカ ノーンカーイ フィレンツェ ピサ エール ハロン湾 クアラルンプール 格安航空 ダライ・ラマ カジュラホ ハルピン ソウル ノモンハン 下関 釜山 青島 仁川 ボホール マニラ アウランガバード ボーパール サーンチー Perfume NEXUS7 セブ ボルネオ アマルフィ ソレント ダーツ 仙庭 えりも岬 旅サラダ 東北 絢香 みんな空の下 羅臼 とおまわり 義経 ハチクマ 三厩 太宰治 盛岡 リゾートしらかみ 秋田 エアアラビア 坂口憲二 ヘルシンキ 台湾 サントリーニ フィンランド ワットポー ローマ イタリア アンマン ペトラ 安宿 日本人宿 タイガーエア サントリーニ島 エーゲ海 ヨルダン 瀬戸内海 津軽今別 

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15日目:みなみらんぼう

12/11

ワルン・ソフィアで教えてもらった日本人向けのカフェ・アンカサで

2日遅れの読売新聞を読んでいると、

女子のほうはいかにも初海外なんです~

男のほうは結構旅のノウハウいろいろカジってますって感じの、

若いカップルが入店。


声がデカイから何とはなしに聞いていると、

どうやらここ発のツアーを探しているご様子。

ここのこともよく知らなさそうだったから話しかけてみると、

ここ発の現地日帰りツアーではなく、海外ツアーを探している、、、と


彼ら(KスケとAノ)はカップルではなく、シンガポールの宿で知り合った一人旅同士。


Kスケは細身で天パで眼鏡、オーストラリアにワーホリで英語堪能、

シンガポールで就職活動するも失敗。

日本で仕切り直す前に知り合ったAノに同行中。


Aノは典型的な浜崎あゆみ信者。

アユラーとでもいうのかな?

着てる服といい、話し方といい、完全にあゆを意識。

日本を出て2or3か月。

失礼ながら、、、こんなコでも海外に興味持つんだってのはちょっと驚き。

ブランドバッグ提げた女子BP(=バックパッカー)、、、天然記念物級な気がする。


4時間ぐらいなんやかやと話しながら、結局ツアーはないっしょってことに。


12/12

早朝からブサキ寺院へ。

8世紀に建てられた、バリで最も古く格式高い総本山。

ガイドを付けないと入山できないことになっているが、

金がないといって押し切れば入れちゃうらしい。

・・・けど、サロンを借りた流れで入山者の台帳を見せられ、

自由に設定できるガイド料の欄に皆30万とか40万とか書いてあるもんだから焦った。


この時の手持ち22万。。。「これしかない」といってなけなしの20万を払った。。。


金がないというとドルは?とか円は?とか聞いてくるし

ボッタクリが制度化されちゃってる現実にびっくり。

お祈りの仕方とか教えてもらったけど、正直バリの寺はもういいかな、、、


午後は歩き方に載ってるオススメ散歩コースのひとつをジャランジャラン(=散歩)。

町から一歩出ると、、、というか特に北側は観光客のいるエリアから

一本路地裏に出るだけで、突然田んぼだらけ。

・・・アヒルの行進がかわゆくてたまんないw


夕食は二度目のワルン・ソフィアへ。

この前もいて明日の早朝帰国するSきさんと、

初めて会った10年在住のO野さん、

比較的新顔で長期滞在を繰り返してるHらさん。


Hらさんと女将さんの会話に「顎足付き」なんて言葉があって

初耳だったから「なんですかそれ?」って訊いてしまった。


Hらさんに「みなみらんぼう」に似てると言われた。


12/13

ウブドゥ寺院横のスタバでKスケとAノに再会。

彼らの宿(カップルでもないのに同じ部屋らしい。裏山w)はワイフィー(=WiFi)ないから

1杯1時間無料接続可のスタバでやってるらしい。

バリじゃコンビニでもカフェでもスパでもだいたいfreeWiFiだけど)


経過を聞いてみると、

ツアーは諦め、バタビア航空でまずは東ティモールへ。

航空券は込み込みで18万(=1,600円)ぐらい。

でもなぜかここはカード決済できないから代理店で手続き。


その後はカンタスでダーウィンに飛び、(1137ドルと高いけど)

車買うか(勿論後で売る)レンタルして

エアーズロックで初日の出、、、それっていーじゃんってことにwww


のっかりたいけど、カンタスが高いな。。。

躊躇しない彼らにビビる。。。


雨が止むのを待って、

歩き方に載ってた比較的安いロスメン、ユニズハウスに行って

ダメモトで明日からって言ってみたら空いてたからあっさり予約。


市場の裏という好立地に、ネット使えて10万。

探せばもっと安いのはあるんだろうけど、情報ないし。。。


部屋も、歩き方に掲載されてる写真の部屋。

ダブルにシングルという、HUTAMAでもそうだったけど定員3名の部屋。


ダブル1個の部屋もこっちの部屋も値段一緒なんだから

そりゃみんなこっちにするわなw


その後、jalan-jalanコース二つ目。

こちらもひたすら田園地帯、、、というかライステラス。


夕食はウブドゥ唯一サテ・カンビン(=山羊肉の串焼き)を出す店ワルン・マドゥラで

カレースープとご飯のルンカップ(=セット)、25000Rp。


12/14

みんな超フレンドリーだったHUTAMAを出て、ユニズへ。

Kスケ達に会ったらのっかり相談してみようかと思ったけど、

(考えてみたら東ティモール行ってみたいし夏のクリスマスにエアーズロックで初日の出

  ・・・って金の都合さえ付けばのっからない手は無いな、、、と)

スタバでも見かけず。。


仕方なくアリマズレストランで昼ご飯。

ゴドゴドというサラダ(温野菜のピーナッツソース和え)10000Rpに、

アボカドジュース8000Rp。

店の女の子がかわいい上に接客超丁寧で感動w


食べてたらそれまでピーカン照りだったのに急に雲が出てきて、

店を出た途端にポツポツ、、、ザザーと、、、

王宮横の寺院で雨宿り。

フルムーンの日本人夫婦に道を教えてあげた。


しばらくして雨止んだなと思ってビスマ通りを歩いてると、また雨。

さっきと同じぐらい強烈な降り方で、

慌てて目の前の家の軒先(というか門を屋根代わりにして)で呆然。


こういうのでも家の人が不審がらずにハローって声かけてくれるのが泣ける。。。


延々1時間待って雨止んだ後は、ソフィアで教えてもらった

モンキーフォレストの無料コース(=チケット売り場の横の地元民用抜け道)で

猿の群れと格闘。


・・・さすがに水は取らんだろうと思ったら

あっさり盗られて口で蓋開けて目の前でガブ飲みされたwww



動物園よりも、高崎山よりも、はるかにおもろいな。

・・・危険だけどw


群れ見てると、あぁこいつがボスでこいつが仲間はずれで、、、ってのがよく分かる。


モンキーフォレストを過ぎてからは、jalan-jalanコースの三つ目。

小中学生のサッカーを見て、近所の村々を抜ける。

他の二つのコースみたいに両側田んぼではなく、

幹線道路なのか車やバイクが多くて歩き辛かった。


それで隣村まで帰ってくると、商店の前でいきなり日本語で声をかけられ、

それから2時間みっちり日本語と英語とインドネシア語で国際交流。

ご主人のグディさん(47)は日本人団体観光客向けの美術館のスタッフで、日本語勉強中。

息子のカデン君は中3でシャイ。

こっちの感覚で「家族」と言ってたけど、ひいじいさんが同じ親戚のカデン(同名)さんは

大阪で働いてたことがあるらしく、日本語ペラペラ。

奥さん日本人。

水奢ってもらって、ドリアンパンとチョコの飴を食べて帰った。

(ドリアンにも小さいバリ・ドリアンと、大きいドリアン・バンコクってのがあるらしい)


部屋空いてるから今度来たら5万で貸すと言われたけど、、、正直ウブドゥから遠い。。。

長期滞在にはいい話だけど。。。


商店の横にオゴオゴ(新年ニュピの日に村を練り歩く巨大お化けの張りぼて。なまはげより絶対怖いw)が

あった。ニュピの前に村人総出で1か月かけて作るんだと。


帰り道、例によってワルン・ソフィアで遅くまでお喋り。

今度は、O野さんに

「みなみらんぼうに似てる」

って言われたw


ウブドゥに来た夜、女将さんに

ウブドゥの魅力って何ですか?」

って野暮なこと聞いちゃったけど、

聞かずともだいぶ分かってきた気がする。。。

テーマ:バックパッカー
ジャンル:旅行

tag:バックパッカー 世界一周 インドネシア バリ ウブドゥ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。