プロフィール

naotabi

Author:naotabi

広島人です。
国内・海外問わず、旅が好きです。
旅先で見上げる、空が好きです。

World66 - visited countries


◆ 最新の旅 ◆

(検討中...)


◆ 過去の主な旅 ◆

(2013)
●東アジア杯男子初優勝記念(後付け)!
陸路で巡る五族協和の旅一ヶ月
●JALディスカウントマイルで行く!
世界最大の花と世界最小の猿を訪ねるフィリピン・ボルネオ2週間
(2011-2012)
●七十二日間インドネシア・インド横断
(2011)
●六十日間東北・北海道一周
(2010)
●百二十三日間世界一周
●二週間で八重山離島巡りからの~~~中国サンフレACL観戦
(2009-2011)
●四国八十八箇所霊場&別格二十霊場 煩悩の旅
(2004)
●グァム再訪3泊4日(妹の挙式)
(2003)
●ハワイ3泊5日(卒業旅行と見せかけて、実は某娘。FC主催ボッタクリツアー)
(2002)
●オーストラリア家族旅行1週間
(1999)
●三十五日間東南アジア周遊(初海外一人旅)
(1998)
●ネパール(障害児のための学校スタディツアー10泊11日)
(1992)
●グァム(往復にっぽん丸で9泊10日)


◆ 訪れた国・地域 ◆

[国内]
●アイヌコタン(北海道)
●琉球王国(本島・八重山諸島)
●大阪民国(五年三ヶ月在住)
●東京砂漠(四年半在住)
他、佐賀県(通過)を除く全都道府県

[東アジア]
●韓国
(ソウル・釜山・都羅山・臨津江・DMZ)
●北朝鮮
(平壌・開城・板門店)
●中国
(北京・天津・済南・青島・香港・マカオ・丹東・瀋陽・ハルピン・チチハル・ハイラル・ノモンハン・エレンホト)
●台湾
(台北)
●モンゴル
(ウランバートル⇔ザミンウード・ハラホリン・テレルジ)

[東南アジア]
●タイ
(バンコク・メークロン・カンチャナブリ・サンクラブリ・アユタヤ・チェンマイ・メーサイ・チェンセーン・チェンコーン・チェンライ・ゴールデントライアングル・ノーンカーイ)
●ミャンマー
(タチレクのみ1時間滞在)
●ラオス
(フェーサイ⇒ルアンパパン⇒ヴィエンチャン⇒サバナケット⇒パクセー⇒チャンパーサック)
●ベトナム
(ギアライ⇒サイゴン⇒ニャチャン⇒ホイアン⇒フエ⇒ハノイ・ハロン湾)
●カンボジア
(ポイペト⇔シェムリアップ)
●マレーシア
(KL・マラッカ・ジョホールバル・コタキナバル・キナバル公園・ラナウ・ラブアン島)
●シンガポール
●インドネシア
(バリ⇒ブロモ山⇒ジョグジャ⇒ジャカルタ)
●フィリピン
(マニラ・セブ・ボホール島)
●ブルネイ

[南アジア]
●インド
(コルカタ⇒ブッダガヤ⇒バラナシ⇒カジュラホ⇒サーンチー⇒ボーパール⇒アジャンター⇒アウランガバード・エローラ⇒ムンバイ・エレファンタ島⇒デリー)
●ネパール
(カトマンドゥ⇔ポカラ)

[中東]
●ヨルダン
(アンマン⇔死海⇔ペトラ)

[ヨーロッパ]
●フィンランド
(ヘルシンキ)
●イタリア
(ローマ⇔ソレント・ポンペイ・カプリ島・アマルフィ・ポジターノ・ピサ・フィレンツェ)
●ヴァチカン市国
●ギリシャ
(アテネ⇔サントリーニ島)
●イギリス
(ロンドン・グリニッジ⇔ストーンヘンジ・バース・ソールズベリー)

[北米]
●アメリカ
(ハワイ・LA・ナイアガラ⇒NY)
●カナダ
(バンクーバー⇒トロント⇒ナイアガラ)

[オセアニア]
●グァム
●オーストラリア
(ケアンズ・グリーン島・ブリスベン・ゴールドコースト)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
タグ一覧

バックパッカー 世界一周 タイ カンチャナブリ エアアジア カナーン ベトナム アメリカ カナダ ロサンゼルス ラオス インドネシア ギリシャ バンクーバー ナイアガラフォールズ バリ マレーシア バンコク 北海道 インド 北朝鮮 パクセー イギリス サイゴン アテネ 香港 ビエンチャン モンゴル ロンドン トロント ビザ LCC フエ 中国 山形 青森 JAL 丹東 航空会社 ニューヨーク コタキナバル ブルネイ フィリピン サンクラブリ ホイアン とほ宿 ニャチャン 韓国 ウブドゥ 東アジアカップ 平壌 米沢 カオサン ハノイ 養老牛温泉 佐呂間 滝川 深夜特急 竜飛 あけぼの 稚内 比布 増毛 からまつの湯 多和平 裏摩周 オンネトー 開陽台 棟方志功 青函トンネル記念館 竜飛海底駅 屈斜路湖 弟子屈 土方歳三 トラピスチヌ修道院 一人旅 阿寒湖 亀田八幡宮 五稜郭 函館 イラン おくりびと 山寺 急行きたぐに 直江兼続 カープ栗原実家 ZESTGIRLS 蔵王温泉 新潟 ライダーハウス 一筆書き スカイマーク 搭乗拒否 特典航空券 個人旅行 燃油 フランス パリ スカイスキャナー SkyScanner 燃油代 知床五湖 知床岬 羅臼湖 下川裕治 格安航空会社 クライストチャーチ ニュージーランド 津軽二股 BIG APF ATF ウナベツ温泉 アジア万感 プロモ山 民宿日出 ジョグジャカルタ メークロン コルカタ バラナシ ブッダガヤ ジャカルタ マラッカ ノーンカーイ フィレンツェ ピサ エール ハロン湾 クアラルンプール 格安航空 ダライ・ラマ カジュラホ ハルピン ソウル ノモンハン 下関 釜山 青島 仁川 ボホール マニラ アウランガバード ボーパール サーンチー Perfume NEXUS7 セブ ボルネオ アマルフィ ソレント ダーツ 仙庭 えりも岬 旅サラダ 東北 絢香 みんな空の下 羅臼 とおまわり 義経 ハチクマ 三厩 太宰治 盛岡 リゾートしらかみ 秋田 エアアラビア 坂口憲二 ヘルシンキ 台湾 サントリーニ フィンランド ワットポー ローマ イタリア アンマン ペトラ 安宿 日本人宿 タイガーエア サントリーニ島 エーゲ海 ヨルダン 瀬戸内海 津軽今別 

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

63日目:意識改革

今回、『とほ宿』を知ったことで

今まで国内じゃ無理だと思ってたバックパッカー的な個人旅行が、

日本でも十分に出来ることを知った。


いやもちろん、琉球や山谷などのドヤ街にドミ形式の宿があることは知ってたけど、

旅をしていない人やテンションの異なる人間と気まずく一夜を過ごすぐらいなら、と

去年の離島巡りでも、あえて離島桟橋や空港に近いホテルに泊まってた・・・


正直北海道と言えば・・・『ライダーハウス』。

ライダーとは話やテンションが合わないと思ってたし、

琉球やドヤ街以外に『ライダーハウス』以外のドミ形式の宿、それも『旅人宿』なんていう

粋な名称で呼ばれる宿が存在することなんぞ、ついぞ知りもしなかった。


そのことだけでも十分な発見ではあったんだけど、

(考えてみれば海外でも抵抗あるのに国内でユースとかアウトオブ眼中<←死語>なのであった。。。)


さらに言えば

今更ながら雷が落ちたような感じで旅に対する意識というか考え方が変わった・・・


基本的に自分がしてきた『旅』って


  『目的地となる観光地を巡りながら、毎日その途上で利便性や値段や居心地などを考慮して宿を選ぶ』


のが普通で当たり前でそれ以外に何があんねんとか考えもしなかったけど、

殊に少なくとも北海道や琉球に関して言えば


  『目的地となる宿を巡りながら、毎日その途上で利便性や値段や居心地などを考慮して観光地を選ぶ』


・・・ほうがおもろい旅が出来そうなことに、気付いた。


実際隅々廻った訳じゃないけど今回で北海道は7回目だったから

阿寒湖周辺は何度か来てたし、増毛に至っては『ぞうもう』ネタ何があんねんって感じだったし。

・・・でも行ってみたら、

予備知識なんぞあるに越したことないけどなくても全く問題ないし

その宿に泊まったことで新たな発見がいっぱいあったし

『1回行ったからもういいや』となりがちな自分ですら

『また行きてぇ~』って思ったし。


こんな『旅』が、

日本中どこでも気軽に出来るようになればいいのに。

 でもまぁ、もしかしたら蝦夷や琉球という日本の端でなければ難しいのかもしれない。


『夕休』の宿主さん(神奈川出身)は

岡山・笠岡の真鍋島(三虎YH)へ旅人時代に通い詰めたって言ってたから

本州でも離島なら可能なのかもしれないね。


でもまぁ、、、広島で生まれ育ってある意味スレてしまった自分が

かなり見飽きた瀬戸内の多島美に今更感激出来るかっていう問題があるんだけど。。。(苦笑
スポンサーサイト

テーマ:バックパッカー
ジャンル:旅行

tag:とほ宿 バックパッカー 個人旅行 ライダーハウス

旅程

結局こんな感じになりました。

広島⇒名古屋⇒仙台・石巻⇒平泉・一ノ関・気仙沼⇒北上⇒盛岡・花巻・遠野⇒田沢湖・乳頭温泉⇒秋田⇒椿山・黄金崎不老ふ死温泉⇒青森・浅虫温泉・鰺ヶ沢・酸ヶ湯温泉・竜飛⇒函館⇒大沼公園⇒森・濁川温泉⇒八雲温泉⇒伊達紋別⇒登別温泉⇒苫小牧⇒襟裳岬⇒帯広・十勝川温泉⇒釧路・湿原⇒標茶⇒羅臼⇒宇登呂⇒斜里⇒弟子屈・阿寒湖・オンネトー・美幌峠・屈斜路湖・摩周湖・養老牛温泉・開陽台・多和平・川湯温泉⇒網走⇒浜佐呂間⇒中湧別⇒紋別⇒雄武⇒興部⇒枝幸⇒浜頓別・クッチャロ湖⇒稚内⇒幌延⇒羽幌⇒留萌⇒増毛・雄冬⇒留萌⇒恵比島(明日萌)⇒深川⇒比布⇒旭川・動物園⇒滝川⇒新十津川⇒札幌⇒岩見沢⇒苫小牧⇒秋田⇒鶴岡・羽黒山・鶴乃湯(映画『おくりびと』ロケ地)跡地⇒山形・天童・カープ栗原実家焼肉店・山寺・蔵王温泉⇒上山コンチェルト(映画『おくりびと』ロケ地)⇒米沢・上杉神社⇒坂町⇒新潟⇒大阪⇒広島

60日目:帰広

山形から約190km・3時間で新潟、そこで9時間の市内観光

(歩いて朱鷺メッセ行ってカップルとファミリーと中国人ビジネスパーソンの団体に紛れて新潟の夜景を見ただけ)

の後、

急行きたぐに(今時レアな三段式B寝台も考えたけど結局ケチって普通車自由席にw)+新快速+普通列車3本を

ほとんど待ち時間なく乗り継いで、新潟から約940kmを14時間で走破、

去年世界一周から帰った日は7日だったけど、今回は8日、

12:56に懐かしき地元の駅:JR西広島駅へ降り立った・・・


被爆二世検診の帰りのおかんとバス車内で合流して2か月ぶりの帰宅。

いつも通り愛犬シナモンの出迎えを受けて、夕食は山形の郷土料理・芋煮に鰹のたたき。


とりあえず早めに寝てぐっすり。

早速今日から、『今度こそ』のインド行きを計画中。。。

来月1日からJALはディスカウントマイルの期間になるから、

それまでは去年の中国行きと同様に沖縄でのんびりして『宮古⇒羽田⇒成田⇒デリー』にしよかな、とか。

でもついでにフィリピンやインドネシア、、、とかインドだけで十分お腹いっぱいになりそうなのに欲張ってみたり。


それはそれとして、12月からって言ってた仕事復帰はまず無理だろうし、

今回の旅が想定外の面白さでミーハーな自分の人生観がまたしてもグラついてしまったモンだから

来夏あたり『麦』でヘルパーして行く行くは・・・とか考えてみたり。


インドビザは事前に取るのも空港アライバルもどっちも面倒。

いっそビザ自体なくせよw

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

tag:バックパッカー 山形 米沢 新潟 世界一周

57日目:帰りはさくっと

山形駅でとりあえず乗車券だけ購入。

DSCN2696_convert_20111105183744_convert_20111105183947.jpg

調べてみたら米沢10:20発で新大阪発最終ののぞみに間に合うけど、
ここは新潟でナポリタン(イタリアン)をゆっくり食して
昔懐かしい&いつ廃止されてもおかしくない『急行きたぐに』の3段式B寝台の上段で
レトロに帰ろうかと。

明日は上杉神社など、直江さん巡り。

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

tag:山形 米沢 急行きたぐに

56日目:ZESTとは何かね。

何やかやで更新滞ったまま、今夜『ホテルセレクトイン山形駅東口』で3泊目。
明日からは『ホテルセレクトイン米沢』でとりあえず2泊の予定。

郷土料理いろいろ、『おくりびと』ロケ地に山寺など観光スポットに直江兼続など歴史関連もいろいろ、
温泉も全市町村にあるし、意外と見所たくさんで、
1泊でカープ栗原実家の焼肉屋を聖地訪問するだけの予定だったが
未だに山形を離れられずにいるw

明日は蔵王温泉の大露天風呂に浸かる予定。


ところで、、、『ZEST GIRLS』とか申す怪しげな4人組みのCMを駅前のビジョンやらCMやらで
やたら目にするのだが、こりゃいったい何かね。

  ・・・怪しい

http://www.maruwi.co.jp/index.html

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

tag:山形 山寺 おくりびと 直江兼続 カープ栗原実家 蔵王温泉 ZESTGIRLS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。