プロフィール

naotabi

Author:naotabi

広島人です。
国内・海外問わず、旅が好きです。
旅先で見上げる、空が好きです。

World66 - visited countries


◆ 最新の旅 ◆

(検討中...)


◆ 過去の主な旅 ◆

(2013)
●東アジア杯男子初優勝記念(後付け)!
陸路で巡る五族協和の旅一ヶ月
●JALディスカウントマイルで行く!
世界最大の花と世界最小の猿を訪ねるフィリピン・ボルネオ2週間
(2011-2012)
●七十二日間インドネシア・インド横断
(2011)
●六十日間東北・北海道一周
(2010)
●百二十三日間世界一周
●二週間で八重山離島巡りからの~~~中国サンフレACL観戦
(2009-2011)
●四国八十八箇所霊場&別格二十霊場 煩悩の旅
(2004)
●グァム再訪3泊4日(妹の挙式)
(2003)
●ハワイ3泊5日(卒業旅行と見せかけて、実は某娘。FC主催ボッタクリツアー)
(2002)
●オーストラリア家族旅行1週間
(1999)
●三十五日間東南アジア周遊(初海外一人旅)
(1998)
●ネパール(障害児のための学校スタディツアー10泊11日)
(1992)
●グァム(往復にっぽん丸で9泊10日)


◆ 訪れた国・地域 ◆

[国内]
●アイヌコタン(北海道)
●琉球王国(本島・八重山諸島)
●大阪民国(五年三ヶ月在住)
●東京砂漠(四年半在住)
他、佐賀県(通過)を除く全都道府県

[東アジア]
●韓国
(ソウル・釜山・都羅山・臨津江・DMZ)
●北朝鮮
(平壌・開城・板門店)
●中国
(北京・天津・済南・青島・香港・マカオ・丹東・瀋陽・ハルピン・チチハル・ハイラル・ノモンハン・エレンホト)
●台湾
(台北)
●モンゴル
(ウランバートル⇔ザミンウード・ハラホリン・テレルジ)

[東南アジア]
●タイ
(バンコク・メークロン・カンチャナブリ・サンクラブリ・アユタヤ・チェンマイ・メーサイ・チェンセーン・チェンコーン・チェンライ・ゴールデントライアングル・ノーンカーイ)
●ミャンマー
(タチレクのみ1時間滞在)
●ラオス
(フェーサイ⇒ルアンパパン⇒ヴィエンチャン⇒サバナケット⇒パクセー⇒チャンパーサック)
●ベトナム
(ギアライ⇒サイゴン⇒ニャチャン⇒ホイアン⇒フエ⇒ハノイ・ハロン湾)
●カンボジア
(ポイペト⇔シェムリアップ)
●マレーシア
(KL・マラッカ・ジョホールバル・コタキナバル・キナバル公園・ラナウ・ラブアン島)
●シンガポール
●インドネシア
(バリ⇒ブロモ山⇒ジョグジャ⇒ジャカルタ)
●フィリピン
(マニラ・セブ・ボホール島)
●ブルネイ

[南アジア]
●インド
(コルカタ⇒ブッダガヤ⇒バラナシ⇒カジュラホ⇒サーンチー⇒ボーパール⇒アジャンター⇒アウランガバード・エローラ⇒ムンバイ・エレファンタ島⇒デリー)
●ネパール
(カトマンドゥ⇔ポカラ)

[中東]
●ヨルダン
(アンマン⇔死海⇔ペトラ)

[ヨーロッパ]
●フィンランド
(ヘルシンキ)
●イタリア
(ローマ⇔ソレント・ポンペイ・カプリ島・アマルフィ・ポジターノ・ピサ・フィレンツェ)
●ヴァチカン市国
●ギリシャ
(アテネ⇔サントリーニ島)
●イギリス
(ロンドン・グリニッジ⇔ストーンヘンジ・バース・ソールズベリー)

[北米]
●アメリカ
(ハワイ・LA・ナイアガラ⇒NY)
●カナダ
(バンクーバー⇒トロント⇒ナイアガラ)

[オセアニア]
●グァム
●オーストラリア
(ケアンズ・グリーン島・ブリスベン・ゴールドコースト)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
タグ一覧

バックパッカー 世界一周 タイ カンチャナブリ エアアジア カナーン ベトナム アメリカ カナダ ロサンゼルス ラオス インドネシア ギリシャ バンクーバー ナイアガラフォールズ バリ マレーシア バンコク 北海道 インド 北朝鮮 パクセー イギリス サイゴン アテネ 香港 ビエンチャン モンゴル ロンドン トロント ビザ LCC フエ 中国 山形 青森 JAL 丹東 航空会社 ニューヨーク コタキナバル ブルネイ フィリピン サンクラブリ ホイアン とほ宿 ニャチャン 韓国 ウブドゥ 東アジアカップ 平壌 米沢 カオサン ハノイ 養老牛温泉 佐呂間 滝川 深夜特急 竜飛 あけぼの 稚内 比布 増毛 からまつの湯 多和平 裏摩周 オンネトー 開陽台 棟方志功 青函トンネル記念館 竜飛海底駅 屈斜路湖 弟子屈 土方歳三 トラピスチヌ修道院 一人旅 阿寒湖 亀田八幡宮 五稜郭 函館 イラン おくりびと 山寺 急行きたぐに 直江兼続 カープ栗原実家 ZESTGIRLS 蔵王温泉 新潟 ライダーハウス 一筆書き スカイマーク 搭乗拒否 特典航空券 個人旅行 燃油 フランス パリ スカイスキャナー SkyScanner 燃油代 知床五湖 知床岬 羅臼湖 下川裕治 格安航空会社 クライストチャーチ ニュージーランド 津軽二股 BIG APF ATF ウナベツ温泉 アジア万感 プロモ山 民宿日出 ジョグジャカルタ メークロン コルカタ バラナシ ブッダガヤ ジャカルタ マラッカ ノーンカーイ フィレンツェ ピサ エール ハロン湾 クアラルンプール 格安航空 ダライ・ラマ カジュラホ ハルピン ソウル ノモンハン 下関 釜山 青島 仁川 ボホール マニラ アウランガバード ボーパール サーンチー Perfume NEXUS7 セブ ボルネオ アマルフィ ソレント ダーツ 仙庭 えりも岬 旅サラダ 東北 絢香 みんな空の下 羅臼 とおまわり 義経 ハチクマ 三厩 太宰治 盛岡 リゾートしらかみ 秋田 エアアラビア 坂口憲二 ヘルシンキ 台湾 サントリーニ フィンランド ワットポー ローマ イタリア アンマン ペトラ 安宿 日本人宿 タイガーエア サントリーニ島 エーゲ海 ヨルダン 瀬戸内海 津軽今別 

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13日目:津軽海峡秋景色

9.23
 青森来てすぐ行きたかったんだけど、天気悪かったから取っておいた竜飛へ。

 連休初日とあって、、、ってだけではなくて、どうも台風の影響でまだ運行に影響があるらしく、
 青森駅の改札やみどりの窓口には長打の列。

 ・・・といっても10数人だけどw

 ホームに行くと寝台特急「あけぼの」が到着した所で、これまた鉄分たっぷり。
 よく見るとホームの端でビデオカメラ回す中年鉄子もいたw

 2両の津軽線車中も、数人の地元民と20人ぐらいの鉄。
 三厩でバスに乗り継いで竜飛崎まで行ったのは半分ぐらいだったが、
 なんか旅情が殺がれてガッカリ、、、とか言いつつ自分も鉄の皆さんに釣られて
 隣接した津軽二股駅と津軽今別駅なんかで写真撮りまくったんだけどww

 台風一過で快晴。函館までクリアによく見えた。
 竜飛崎では、観光客に混じって三脚据えて望遠鏡を構えた連中がいて
 (一瞬それがカメラに見えて鉄道走ってないのにここでも鉄かYO!と思ったんだが)

 不審に思って訊いてみると、弘前大学のゼミ?がバードウォッチングしてるんだと。
 (渡り鳥のハチクマという鳥を狙ってるとのこと)

 知らなかったけど竜飛は、義経太宰治縁の地。
 太宰が泊まった旅館が、今は観光案内所になってた。

 青森5連泊も、今日で終わり。明日は竜飛海底駅を見学して、函館へ。

 北海道では、ライダーハウスに泊まってみる予定。

 函館から先は全くノープランだけど、果たしてどうなることやら。。。
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

tag:青森 竜飛 あけぼの 津軽二股 津軽今別 三厩 ハチクマ 義経 太宰治

12日目:台風一過の青森

昨日までの暴風雨が止み、盛岡以来数日振りに太陽を見た。

3泊の予定だった青森、意外と見所多いので5泊に延泊。


9.20
 三内丸山遺跡と八甲田丸を見学。

 三内丸山遺跡は入場無料。
 しかも漏れなく肌白の綺麗な青森おねぇさんが出迎えてくれるのでテンション↑↑↑
 ボランティアさんの無料ガイドツアーも頻繁にあって快適だった。

 それにしても、、、江戸時代からそこが遺跡だって知られてたのに
 平成4年に野球場建設計画のため調査されるまで
 市街に程近い東京ドーム7個?分の広大な土地ががほったらかしの雑木林だったとは。。。 

 八甲田丸、、、艦底に鉄道をそのまま載せてた様子が静態保存されててこれまたテンション↑↑↑

9.21
 青森の隣の平内町の『ほたて広場』に行ってみたが、
 お目当ての「ほたて貝焼き味噌」が食べられずガッカリ。

 浅虫温泉駅に戻って駅前にある道の駅の湯に浸かった。
 駅前には「湯の島」。
 景色は良かったが、硫酸泉の割りに薄めすぎなのか、普通の銭湯と泉質は大して変わらなかった。

 午後は青森から五能線で戻って2時間の鰺ヶ沢へ、あの『わさお』に会いに行ってきた。
 行ってみるとちょうどわさおは散歩?(といっても車の荷台だけど)から戻ったトコ。
 見知らぬ人間にも全く吠えず、図体の割りにおとなしい犬だった。
 台風接近ってことで、飼い主のおばちゃん達が小屋の屋根を縄で補強してた。

 わさおが日中いるのは日本海に面した「焼きイカ通り」にある商店なんだけど、
 買ってみた焼きイカがやっぱり何故かバリ旨かった。
 たかが焼きイカなのに、、、家で食べるのとなぜか全然違う柔らかさ、、、味わい深さ。。。

 で、、、駅まで戻り、一昨日も乗ったリゾートしらかみ5号に乗ったつもりが、、、

 しばらくすると、右手に日本海が。。。。

 血の気が引くとはまさにこのこと......._| ̄|〇

 間違えて秋田に向かう6号に乗ってしまい......._| ̄|〇

 次の停車駅、深浦まで1時間......._| ̄|〇

 五能線は1日数本しか走らない閑散区間......._| ̄|〇

 たしか今日中に青森に帰る逆方向の列車はなかった気が......._| ̄|〇


 半泣きで車掌に相談すると、、、

 「五能線ですと今日はもう青森まで帰ることは出来ません。
  ですが、このまま東能代という駅まで乗っていただいて、そこから特急に乗り換えていただくと、
 10時過ぎにはなりますが、青森まで帰ることが出来ます」

 神キターーーーーーーーーーーーー!!!涙

 しかも故意でない誤乗ということで、追加料金も不要。
 特急つがるの車掌にも連絡済みということで、JR東公認の無賃乗車で特急つがるに乗り、
 3時間遅れで青森へと帰り着いた。

9.22
 駅前の吉野家の新メニュー:牛鍋丼を5分で書き込んでJRバスに乗り、酸ヶ湯温泉へ。

 帰りのバスまで3時間。
 広いけど露天のない硫黄たっぷりの温泉に2時間半浸かった。

 一応混浴なんだけど、前を隠さない高齢のご婦人ばかり。

 風呂から出て体を拭いていると、タイミング悪いことに子供連れの(比較的)若い夫婦の声が......._| ̄|〇

 すると・・・ほぼ同時に出たじぃさんが服を着たまま中を見に戻って行ったw

 行きのバスで一緒だった大阪から来た一人旅の学生と、帰りのバスでも一緒に。
 晩飯でもどうかと誘ったが、「さっき食べたんで」と体よく断られた。

 仕方なく、古川市場の『のっけ丼』(市場で自由にネタを選べる海鮮丼)を食べ、
 まだ陽もあったから青森駅の線路の先端を見に行って、近くの神社を散策してホテルに戻った。

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

tag:青森

9日目:寒風の青森より

寒い。

3日前の盛岡では真夏モードで
去年バンコクで買った日焼け止め塗りたくってタラタラ流れる汗を拭き拭き
盛岡八幡宮例大祭の流鏑馬を見てたというのに・・・

半袖Tからいきなり、長袖重ね着w

去年バンコクから一気にヘルシンキへ飛んだ時のような気温差。

・・・ビールビールより日本酒呑みたくなってきたなとっくり(おちょこ付き)

青森にはフジ系の局ないのか、、、青森版の新聞のテレビ欄には
映らないのになぜか岩手めんこいテレビ載ってるしw)


とりあえずここまでの行程を振り返ってみると。。。

9.10
 とりあえずサンライズ出雲で東京行ってドームでカープ見るつもりが
 murmurさん予定あるみたいだし
 今更ながら荷物がカバンに入りきらないのでどーしょーどーしょゆーてる間に
 夜になったのでたいぎー(=だるい)から翌日出発に。

9.11
 新幹線で名古屋へ。
 広島駅新幹線口にシェラトンが出来て昔よくお世話になった金券ショップが一掃されてて
 右往左往。仕方なく駅の反対側のカープユニ来たおばちゃんの店で購入。

 名古屋では4年半ぶりにきらさんに会ってベタにきしめん食して名古屋城(略して名城?)観光。
 名駅のナナちゃん?でとりあえず記念写真。

 夕方、太平洋フェリーの新造船「ニューいしかり」に乗り込んで仙台へ。
 太平洋フェリーは11年前に苫小牧⇒仙台に乗って以来。
 あの時は只只時間をうっちゃるのに苦労したけど、
 今回は水谷直美?とかいう歌の上手い女性率いるバンドが乗ってて飽きることがなかった。
 船も綺麗だったし。

9.12
 仙台港は粗方片付けられてたけど、高床式倉庫みたいな建物がいっぱいあったし、
 フェリーターミナル自体も「ここまで水が来た」って線がくっきり残ってた。

 宿泊は「サウナ&カプセルホテル キュア国分町」。3400円。
 さすが人気なだけあって自身最高グレード。
 屋上の露天風呂から中秋の名月を拝んだ。

 ここでもベタに牛たん牛たん牛たんたんしに行ったら、
 店長?と目が合ってたまたま入った店の店員が中国人の女子大生。
 ビール3杯で2時間粘って、真面目に即席中国語講座してもらいますた。

9.13
 ブランチに久々のすき家。坦々もやし牛丼とかいう期間限定メニュー、バリ旨かった。
 暇つぶし用の文庫本を持ってくるの忘れたから
 さくら野とかいう当方によくあるらしいデパートの上にあるブクオフ入ったら、
 古着や女性モノのブールやバッグまで扱ってた。
 コートにシャツにパンツ、どれも1000円ぐらい~。帽子は500円のもあった。

 ・・・こーゆーの広島にも欲しいんだが、、、まじで

 石巻へ。JR途中バス代行の区間もあって、あおば通から2時間かかった。
 松島海岸は車窓見学のみということで、華麗にスルー。

船で話した人には「ボランティアで・・・」って言ったんだが、
 よくよく調べてみたらやっぱ個人が飛び込みで行って何か出来るほど甘くないな。
 衣食住だけ確保するんじゃなくて、
 長靴とかゴム手袋とか防塵マスクとか、必要な備品は全部自分で用意しないといけないし、
 基本的に前日までにボランティアセンターに登録して、翌日8:30~始動。
 そこまでやる気合はなかった。。。野次馬スンマソ

 石巻は石ノ森章太郎の町だって震災あって初めて認識した。
 町中サイボーグ009?などの石ノ森ワールド。
 ・・・境港がやたら水木しげるなのと同じかw

 川の中州にある石ノ森漫画館、行ってみたけど当然やってなかった。
 てかあのヘン、地盤沈下してた。
 遊歩道の手すりが水面から出てる様子見て、
 高2んとき阪神の3週間後に野次馬行って見た三宮の光景がフラッシュバックした。
 (ちなみにそこは今も震災当時のまま残されてる)

 石巻の町は意外、、、というと失礼になるけど、
 焼け野原みたいになってるかと思ったら、中心部の建物自体はほとんど残ってた。
 もちろん、商店街の店は半分以上休業してるし路地の舗装は剥げて
 車通る度に砂塵巻き上がるし、尋常な光景ではないんだけど、、、

 帰りはミヤコーバスの三陸道高速バスで1時間半。運賃800円とおトクだった。

9.14
 ループバス(るーぷる仙台)でここでもベタに仙台観光。
 瑞鳳殿(伊達一族の霊廟)と仙台城址。

 修学旅行の中坊がいたせいでバスは混みまくり。
 団体は貸切バスで廻れよと声を大にして言いたい。
 ・・・自主性に任したってど~せ皆行くトコ一緒なんだから。

 仙台駅前から乗るとき前にいた一人旅?のタイプの女子(絢香風)が
 瑞鳳殿では降りなかったのに、仙台城址から乗るときにまた一緒になって、
 そのコは大崎八幡宮で降りてった。

 ・・・大崎八幡宮って有名なのかな? オレも降りればよかった......._| ̄|〇

 鈍行で、宿を予約した一ノ関をスルーして平泉へ。
 もちろん、中尊寺と毛越寺を観光。

 しかし、よく考えずに着いた時間がすでに15:30。
 開館時間は17:00。
 駅前でレンタサイクルして大急ぎで廻ったが、やっぱ新幹線で行くなりして
 最低でも半日はかけるべきだった。
 最優先の金色堂はじっくり見ることが出来たけど、
 義経堂とか、他にもゆっくり廻るべきだった。。。ちょっと後悔。

 港の向こう、大船渡よりの町はまだ手付かず。
 気仙沼の隣駅前に数千トン級の船があの『ヤマト』みたく鎮座してた。
 パッと見、焼け野原みたいに思ってしまうが、
 こっちの場合は地盤沈下してて水が退いてないから
 道路の嵩上げの真っ最中。
 嵩上げしてない所は通ることすら出来なかった。

 快速スーパードラゴンで一ノ関に戻り、そのまま北上へ。
 北上は、もうちょっと街かと思ったけど、駅前交差点にすら信号がなかった......._| ̄|〇

 こんなとこにカプセルホテルがあるとは。。。
 カラオケ屋がビルの空いた部屋使って営業。2100円。客自分入れて3人。
 設備は時計と壊れたラジオが付いたカプセル、元会議室っぽい狭い談話室、
 4分100円の激高コインシャワーのみ。ある意味おトク。

9.16
 盛岡へ。駅前のカプセルイン盛岡に飛び込むことにし、
 盛岡八幡宮例大祭のクライマックス、流鏑馬神儀を有難く観覧。
 神聖なる儀式だけど、迫力満点だった。
 町中も各所で山車が。

 盛岡は宮沢賢治、石川啄木、新渡戸稲造に縁のある土地。
 たぶんナニコレで見た石割桜、盛岡城址の他に、啄木新婚の家、賢治青春館などを見て歩いた。

 カプセルイン盛岡は2800円。併設の古びたサウナ利用で+500円。
 サウナは何の面白味もない風呂だったけど、少し熱めの湯音と
 狭いリラクゼーションルームでおっちゃんが出してくれる中と大の間ぐらいの
 生ビールの冷え具合が最高にマッチ。翌日も迷わず飲んだw

9.17
 賢治縁の地巡りで花巻へ。
 賢治の生家、賢治産湯の井戸(=母親の実家)へ行ってみると、
 考えて見たら至極当たり前なんだが、賢治の子孫の人が普通に住んでたw

 ちなみに・・・知らなかったけど、
 「宮澤」って苗字がこの地で特に多い訳でもないのに、賢治の母親の旧姓も宮澤。

 新花巻からは、なぜか昔から河童に憧れて行ってみたかった、民話のふるさと・遠野へ。
 ところが土砂降り。
 バスもなく、レンタサイクルもするに出来ず、駅から6kmのカッパ淵は諦め、
 ここでもやってた秋祭りを見物。

 ただ神輿を惹くだけだった自分の町の祭りと随分違い、こっちの祭りは
 子供が武士の格好をして町中の店舗を一軒一軒廻っては、店の前で踊ってた。
 駅前一帯は完全に通行止め。まさに大人も子供も、町中が祭り一色だった。

 ・・・ちょっと羨ましかったね。

 帰りのバスで早稲田の学生のグループと一緒だったんだが、
 途中で降りる彼ら、普段スイカやパスモしか使ってないからなのか、
 1230円の運賃を払うのに
 「どこに入れたらいいんですか?」とか「お釣りは出ますか?」とか「5000円札しかない」とかw

 まぁそーゆー自分も小銭握り締めて土砂降りの盛岡駅で降りたら
 座席に傘を忘れてしまったんだが......._| ̄|〇

9.18
 歩き回る旅には折りたたみの傘が必須。
 駅近くのマックスバリュで店の奥から出してもらって購入。

 初秋田新幹線でマラソン開催の田沢湖へ。
 昔両親が行って大好評だった乳頭温泉の秘湯・鶴の湯温泉へ。
 いやいや、(途中まで普通のバス利用だけど)無料送迎ありがたやありがたや。

 人多かったし雨振りまくりだったけど、山奥の露天で混浴、、、いーもんですな。

 なんで『乳頭』なのかもよーワカランけど、硫黄たっぷりの白濁湯に2時間漬かりますたw

 秋田の宿は、駅前のコンフォートホテル。
 なかなか綺麗で機能的で、ベッドも広くてコーヒーおいしくて良かった。

 秋田といえば昔一緒に遊んだタケさん・・・
 どーしてるんだろか・・・さすがにもう連絡先覚えてないのが口惜しい、、、

 何気に今はAK(ry
 
 そのタケさんにももらった稲庭うどんを食べようと思ったら駅前のSEIBUの
 刺身・惣菜が片っ端から半額で投げ売りしてたから
 一人暮らししてた時に身についた癖でついつい買い捲ってしまったw

9.19
 最高気温18℃らしいのでついに長袖着用。
 (去年ヘルシンキ用にバンコクの伊勢丹で買ったシャツ)
 リゾートしらかみ3号で五能線の旅。

 社会で習った八郎潟を過ぎ、途中下車して日本海に臨む「黄金崎不老ふ死温泉」へ。
 次のリゾートしらかみ5号まで3時間。

 内湯に30分、海に張り出した露天風呂に1時間半漬かりますたw
 いやーここも駅から無料送迎、ありがたやありがたや。

 青森駅に着くと、、、寒い。
 撮り鉄が三脚構えて日本海撮りまくってる。

 ・・・もうすぐ廃止か?
 釣られて自分も撮りまくったけどw

 人のいない駅前を過ぎ、今夜から4泊はホテルセレクトイン青森
 東北では格安・激安のホテルチェーンとして名が通ってるらしく、
 素泊まり(でも朝食用のヤマザキパン1個くれる)で2990円。
 ちょっと狭いけど設備や接客は問題ないし、かなりいいかも。

 このホテルチェーンの特徴はなぜか朝カレー推奨で朝食がカレーとサラダのみらしい。。。


さて、、、明日は竜飛か、大間か、三内丸山、、、、どーするかな。

なんか、、、国内の一人旅は昔から何度となくやってるけど、
去年の世界一周で会ったテンションの高い人達のおかげで
自分一人でも旅を楽しむことが出来るようになった(ヘンな言い方だけど)気がする。

逆に言えば、それまでの旅は、旅を楽しめてなかったかも。

好きで一人旅やってるのに、旅行気分になってなかった、なれなかった、、、みたいな。

そう感じるだけでも、去年の旅は(当たり前だけど)インパクトあったな。


寝よっ

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

tag:青森 盛岡 秋田 リゾートしらかみ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。