プロフィール

naotabi

Author:naotabi

広島人です。
国内・海外問わず、旅が好きです。
旅先で見上げる、空が好きです。

World66 - visited countries


◆ 最新の旅 ◆

(検討中...)


◆ 過去の主な旅 ◆

(2013)
●東アジア杯男子初優勝記念(後付け)!
陸路で巡る五族協和の旅一ヶ月
●JALディスカウントマイルで行く!
世界最大の花と世界最小の猿を訪ねるフィリピン・ボルネオ2週間
(2011-2012)
●七十二日間インドネシア・インド横断
(2011)
●六十日間東北・北海道一周
(2010)
●百二十三日間世界一周
●二週間で八重山離島巡りからの~~~中国サンフレACL観戦
(2009-2011)
●四国八十八箇所霊場&別格二十霊場 煩悩の旅
(2004)
●グァム再訪3泊4日(妹の挙式)
(2003)
●ハワイ3泊5日(卒業旅行と見せかけて、実は某娘。FC主催ボッタクリツアー)
(2002)
●オーストラリア家族旅行1週間
(1999)
●三十五日間東南アジア周遊(初海外一人旅)
(1998)
●ネパール(障害児のための学校スタディツアー10泊11日)
(1992)
●グァム(往復にっぽん丸で9泊10日)


◆ 訪れた国・地域 ◆

[国内]
●アイヌコタン(北海道)
●琉球王国(本島・八重山諸島)
●大阪民国(五年三ヶ月在住)
●東京砂漠(四年半在住)
他、佐賀県(通過)を除く全都道府県

[東アジア]
●韓国
(ソウル・釜山・都羅山・臨津江・DMZ)
●北朝鮮
(平壌・開城・板門店)
●中国
(北京・天津・済南・青島・香港・マカオ・丹東・瀋陽・ハルピン・チチハル・ハイラル・ノモンハン・エレンホト)
●台湾
(台北)
●モンゴル
(ウランバートル⇔ザミンウード・ハラホリン・テレルジ)

[東南アジア]
●タイ
(バンコク・メークロン・カンチャナブリ・サンクラブリ・アユタヤ・チェンマイ・メーサイ・チェンセーン・チェンコーン・チェンライ・ゴールデントライアングル・ノーンカーイ)
●ミャンマー
(タチレクのみ1時間滞在)
●ラオス
(フェーサイ⇒ルアンパパン⇒ヴィエンチャン⇒サバナケット⇒パクセー⇒チャンパーサック)
●ベトナム
(ギアライ⇒サイゴン⇒ニャチャン⇒ホイアン⇒フエ⇒ハノイ・ハロン湾)
●カンボジア
(ポイペト⇔シェムリアップ)
●マレーシア
(KL・マラッカ・ジョホールバル・コタキナバル・キナバル公園・ラナウ・ラブアン島)
●シンガポール
●インドネシア
(バリ⇒ブロモ山⇒ジョグジャ⇒ジャカルタ)
●フィリピン
(マニラ・セブ・ボホール島)
●ブルネイ

[南アジア]
●インド
(コルカタ⇒ブッダガヤ⇒バラナシ⇒カジュラホ⇒サーンチー⇒ボーパール⇒アジャンター⇒アウランガバード・エローラ⇒ムンバイ・エレファンタ島⇒デリー)
●ネパール
(カトマンドゥ⇔ポカラ)

[中東]
●ヨルダン
(アンマン⇔死海⇔ペトラ)

[ヨーロッパ]
●フィンランド
(ヘルシンキ)
●イタリア
(ローマ⇔ソレント・ポンペイ・カプリ島・アマルフィ・ポジターノ・ピサ・フィレンツェ)
●ヴァチカン市国
●ギリシャ
(アテネ⇔サントリーニ島)
●イギリス
(ロンドン・グリニッジ⇔ストーンヘンジ・バース・ソールズベリー)

[北米]
●アメリカ
(ハワイ・LA・ナイアガラ⇒NY)
●カナダ
(バンクーバー⇒トロント⇒ナイアガラ)

[オセアニア]
●グァム
●オーストラリア
(ケアンズ・グリーン島・ブリスベン・ゴールドコースト)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
タグ一覧

バックパッカー 世界一周 タイ カンチャナブリ エアアジア カナーン ベトナム アメリカ カナダ ロサンゼルス ラオス インドネシア ギリシャ バンクーバー ナイアガラフォールズ バリ マレーシア バンコク 北海道 インド 北朝鮮 パクセー イギリス サイゴン アテネ 香港 ビエンチャン モンゴル ロンドン トロント ビザ LCC フエ 中国 山形 青森 JAL 丹東 航空会社 ニューヨーク コタキナバル ブルネイ フィリピン サンクラブリ ホイアン とほ宿 ニャチャン 韓国 ウブドゥ 東アジアカップ 平壌 米沢 カオサン ハノイ 養老牛温泉 佐呂間 滝川 深夜特急 竜飛 あけぼの 稚内 比布 増毛 からまつの湯 多和平 裏摩周 オンネトー 開陽台 棟方志功 青函トンネル記念館 竜飛海底駅 屈斜路湖 弟子屈 土方歳三 トラピスチヌ修道院 一人旅 阿寒湖 亀田八幡宮 五稜郭 函館 イラン おくりびと 山寺 急行きたぐに 直江兼続 カープ栗原実家 ZESTGIRLS 蔵王温泉 新潟 ライダーハウス 一筆書き スカイマーク 搭乗拒否 特典航空券 個人旅行 燃油 フランス パリ スカイスキャナー SkyScanner 燃油代 知床五湖 知床岬 羅臼湖 下川裕治 格安航空会社 クライストチャーチ ニュージーランド 津軽二股 BIG APF ATF ウナベツ温泉 アジア万感 プロモ山 民宿日出 ジョグジャカルタ メークロン コルカタ バラナシ ブッダガヤ ジャカルタ マラッカ ノーンカーイ フィレンツェ ピサ エール ハロン湾 クアラルンプール 格安航空 ダライ・ラマ カジュラホ ハルピン ソウル ノモンハン 下関 釜山 青島 仁川 ボホール マニラ アウランガバード ボーパール サーンチー Perfume NEXUS7 セブ ボルネオ アマルフィ ソレント ダーツ 仙庭 えりも岬 旅サラダ 東北 絢香 みんな空の下 羅臼 とおまわり 義経 ハチクマ 三厩 太宰治 盛岡 リゾートしらかみ 秋田 エアアラビア 坂口憲二 ヘルシンキ 台湾 サントリーニ フィンランド ワットポー ローマ イタリア アンマン ペトラ 安宿 日本人宿 タイガーエア サントリーニ島 エーゲ海 ヨルダン 瀬戸内海 津軽今別 

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1-3日目:人生が変わる時。

「ようこそ、ときめく広島へ。」

広島駅のすぐそばにある、新広島市民球場(=マツダスタジアム)――――

新幹線の車窓を意識して、球場は線路側にパックリと開かれている。


地元意識が強いと言われる広島人にとって、
ここは「魂の宿った球場」と言っていい。

…なんてったって、カープが最後に優勝したのが、
僕が中2の時、1991年。

もう、19年も前なのである。

そりゃ30なん年ぶりに優勝とかも珍しい話ではないけど、
現在、楽天以外では最も優勝から遠ざかっていることは事実。

「ええ加減にせぇー!」

と、広島人は内心イライラしているのである。


今年もマエケン(前田健太)の大ブレイクで
なんとかこの時点でCS進出の可能性はあったものの、
去年までおんぶに抱っこだった大黒柱・ルイスの突然の退団の穴を埋められず、
先にエースになるはずの大竹は投げ込み過ぎて最初から長期離脱、
さらにはマエケンの後に続くはずの篠田・斉藤が大スランプ。

マエケン以外まともに投げられるヤツがいなくてこの位置(順位)・・・

まさに、横浜ヤクルトさまさまな状態だった。


そんなカープは見限って(w、ってか前置き長っ)、僕は旅に出た。

・・・ということで、突然ですがここで・・・


この旅のオープニングテーマ、いってみよぉ~~~~~!!!




時間に余裕があったので、今回は新大阪まで行かず、
神戸空港から高速船(ベイシャトル)を利用して、関空へ渡ってみた。

これなら三宮から1500円。
待ち時間もさほどなく、意外と早く到着。


用意した航空券は、片道。

ネットが普及して簡単に片道の航空券が変えるようになったものの、
未だに「海外の航空券は往復で買うもの」という意識がどこかにあって、
なんとなく不安になったりもする。

そもそも、バンクーバーオリンピックが終わろうとする頃、
JALの2万マイルを使って、(世界一周でもいいけど)
失業中のこのあり余る時間にしかできないような
旅をしてやろうと思い立った。

その時にゲットしたJALの国際線特典航空券は、以下の通り。

「石垣 ⇒ 中部」
「中部 ⇒ 天津」
「高雄 ⇒ 成田」
「羽田 ⇒ 広島」

最初と最後の2区間は、国際線特典航空券に往復各1区間まで無償で
付加できる、国内区間。


この航空券を使って、4月に

 広島⇒(新幹線)⇒福岡⇒(スカイマーク)⇒那覇⇒(JAL)⇒石垣(離島めぐり)

 ⇒(JAL)⇒中部⇒(JAL)⇒天津⇒(高速鉄道)⇒北京⇒(高速鉄道)⇒済南

 ⇒(高速鉄道)⇒青島⇒(オリエントフェリー)⇒下関⇒(新幹線)⇒広島

という、国内旅行と海外旅行をセットにした、ちょこっとヘンな旅行をした。

期間は、わずか17日。

実はこのとき、北京からもっと南下して陸路でバンコクあたりまで
・・・と考えていたんだけど、中国人民のパワーに圧倒されて精神的に疲れ、
バックパッカーを目指して荷物も大きめのキャリーにしたせいか肉体的にも疲れ果て、
済南でACL(アジアチャンピオンズリーグ)の
「サンフレッチェ広島 vs 山東魯能」戦を見ただけでお腹いっぱいになってしまい、
近くの青島からスゴスゴと逃げ帰るように帰国したのであったとさ。。。


今回の旅は、
特典航空券の残りの区間(高雄⇒成田・羽田⇒広島)を使うという前提で、
往路は7月5日に就航したばかりの
ジェットスター「関空⇒台北 (⇒シンガポール)」を利用。

国際線の(というか海外の)格安航空を使うのは初めてだけど、
普通の航空会社のサービスが少々過剰気味に思える人にはちょうどいいんじゃないかと。

ちょっとシートピッチ狭いけど、機内はガラガラでしたw

ちなみにこの「関空⇒台北」のお値段は、サーチャージ込みで、

 なななな~んと・・・


   7000円。。。(安


台北の宿は、日本であらかじめ予約していったビジホ、「ホテルサンルート台北」。

実は今回の旅、なんとなくもうこの歳でバックパッカーとか安宿とか
「なんかビンボくせぇ~」なんて思うようになってしまっており、
それでなくてもヘタレなので全部ホテルに泊まってやろうとか考えていた。

この宿、スタッフは台湾人だけど日本語ペラペラ。
内装もちょっと狭いけど日本のビジホそのもの。

今思えば旅の醍醐味まるでなしだけど、
総統府(旧総督府)とか故宮博物院とか行って
台湾のビールを飲んでちょっと屋台で食事して、
台湾のテレビで「世足」(=ワールドカップ)のニュース見て
NHKプレミアムでちょっと日本を懐かしんだだけで
実はもう満足だったりした。

・・・まだ頭が旅モードになってなかったんだね。

心なしか中国本土と違って人がやさしい気がするし、
三越とかそごうとかダイソーとか吉野家とかファミマとかタイムズとか
日系企業がいっぱい進出してて、
意外と気楽で旅しやすいとこだな~って印象でした、台湾は。

コメント

コメント

さとぴろ

さとぴろ2010年10月03日 23:16
あ・・俺の旅のテーマ曲。。。

シナモン

シナモン2010年10月04日 04:16
>さとぴろさん

そういえばそこカブってましたね。
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

tag:バックパッカー 世界一周 台湾

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。