プロフィール

naotabi

Author:naotabi

広島人です。
国内・海外問わず、旅が好きです。
旅先で見上げる、空が好きです。

World66 - visited countries


◆ 最新の旅 ◆

(検討中...)


◆ 過去の主な旅 ◆

(2013)
●東アジア杯男子初優勝記念(後付け)!
陸路で巡る五族協和の旅一ヶ月
●JALディスカウントマイルで行く!
世界最大の花と世界最小の猿を訪ねるフィリピン・ボルネオ2週間
(2011-2012)
●七十二日間インドネシア・インド横断
(2011)
●六十日間東北・北海道一周
(2010)
●百二十三日間世界一周
●二週間で八重山離島巡りからの~~~中国サンフレACL観戦
(2009-2011)
●四国八十八箇所霊場&別格二十霊場 煩悩の旅
(2004)
●グァム再訪3泊4日(妹の挙式)
(2003)
●ハワイ3泊5日(卒業旅行と見せかけて、実は某娘。FC主催ボッタクリツアー)
(2002)
●オーストラリア家族旅行1週間
(1999)
●三十五日間東南アジア周遊(初海外一人旅)
(1998)
●ネパール(障害児のための学校スタディツアー10泊11日)
(1992)
●グァム(往復にっぽん丸で9泊10日)


◆ 訪れた国・地域 ◆

[国内]
●アイヌコタン(北海道)
●琉球王国(本島・八重山諸島)
●大阪民国(五年三ヶ月在住)
●東京砂漠(四年半在住)
他、佐賀県(通過)を除く全都道府県

[東アジア]
●韓国
(ソウル・釜山・都羅山・臨津江・DMZ)
●北朝鮮
(平壌・開城・板門店)
●中国
(北京・天津・済南・青島・香港・マカオ・丹東・瀋陽・ハルピン・チチハル・ハイラル・ノモンハン・エレンホト)
●台湾
(台北)
●モンゴル
(ウランバートル⇔ザミンウード・ハラホリン・テレルジ)

[東南アジア]
●タイ
(バンコク・メークロン・カンチャナブリ・サンクラブリ・アユタヤ・チェンマイ・メーサイ・チェンセーン・チェンコーン・チェンライ・ゴールデントライアングル・ノーンカーイ)
●ミャンマー
(タチレクのみ1時間滞在)
●ラオス
(フェーサイ⇒ルアンパパン⇒ヴィエンチャン⇒サバナケット⇒パクセー⇒チャンパーサック)
●ベトナム
(ギアライ⇒サイゴン⇒ニャチャン⇒ホイアン⇒フエ⇒ハノイ・ハロン湾)
●カンボジア
(ポイペト⇔シェムリアップ)
●マレーシア
(KL・マラッカ・ジョホールバル・コタキナバル・キナバル公園・ラナウ・ラブアン島)
●シンガポール
●インドネシア
(バリ⇒ブロモ山⇒ジョグジャ⇒ジャカルタ)
●フィリピン
(マニラ・セブ・ボホール島)
●ブルネイ

[南アジア]
●インド
(コルカタ⇒ブッダガヤ⇒バラナシ⇒カジュラホ⇒サーンチー⇒ボーパール⇒アジャンター⇒アウランガバード・エローラ⇒ムンバイ・エレファンタ島⇒デリー)
●ネパール
(カトマンドゥ⇔ポカラ)

[中東]
●ヨルダン
(アンマン⇔死海⇔ペトラ)

[ヨーロッパ]
●フィンランド
(ヘルシンキ)
●イタリア
(ローマ⇔ソレント・ポンペイ・カプリ島・アマルフィ・ポジターノ・ピサ・フィレンツェ)
●ヴァチカン市国
●ギリシャ
(アテネ⇔サントリーニ島)
●イギリス
(ロンドン・グリニッジ⇔ストーンヘンジ・バース・ソールズベリー)

[北米]
●アメリカ
(ハワイ・LA・ナイアガラ⇒NY)
●カナダ
(バンクーバー⇒トロント⇒ナイアガラ)

[オセアニア]
●グァム
●オーストラリア
(ケアンズ・グリーン島・ブリスベン・ゴールドコースト)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
タグ一覧

バックパッカー 世界一周 タイ カンチャナブリ エアアジア カナーン ベトナム アメリカ カナダ ロサンゼルス ラオス インドネシア ギリシャ バンクーバー ナイアガラフォールズ バリ マレーシア バンコク 北海道 インド 北朝鮮 パクセー イギリス サイゴン アテネ 香港 ビエンチャン モンゴル ロンドン トロント ビザ LCC フエ 中国 山形 青森 JAL 丹東 航空会社 ニューヨーク コタキナバル ブルネイ フィリピン サンクラブリ ホイアン とほ宿 ニャチャン 韓国 ウブドゥ 東アジアカップ 平壌 米沢 カオサン ハノイ 養老牛温泉 佐呂間 滝川 深夜特急 竜飛 あけぼの 稚内 比布 増毛 からまつの湯 多和平 裏摩周 オンネトー 開陽台 棟方志功 青函トンネル記念館 竜飛海底駅 屈斜路湖 弟子屈 土方歳三 トラピスチヌ修道院 一人旅 阿寒湖 亀田八幡宮 五稜郭 函館 イラン おくりびと 山寺 急行きたぐに 直江兼続 カープ栗原実家 ZESTGIRLS 蔵王温泉 新潟 ライダーハウス 一筆書き スカイマーク 搭乗拒否 特典航空券 個人旅行 燃油 フランス パリ スカイスキャナー SkyScanner 燃油代 知床五湖 知床岬 羅臼湖 下川裕治 格安航空会社 クライストチャーチ ニュージーランド 津軽二股 BIG APF ATF ウナベツ温泉 アジア万感 プロモ山 民宿日出 ジョグジャカルタ メークロン コルカタ バラナシ ブッダガヤ ジャカルタ マラッカ ノーンカーイ フィレンツェ ピサ エール ハロン湾 クアラルンプール 格安航空 ダライ・ラマ カジュラホ ハルピン ソウル ノモンハン 下関 釜山 青島 仁川 ボホール マニラ アウランガバード ボーパール サーンチー Perfume NEXUS7 セブ ボルネオ アマルフィ ソレント ダーツ 仙庭 えりも岬 旅サラダ 東北 絢香 みんな空の下 羅臼 とおまわり 義経 ハチクマ 三厩 太宰治 盛岡 リゾートしらかみ 秋田 エアアラビア 坂口憲二 ヘルシンキ 台湾 サントリーニ フィンランド ワットポー ローマ イタリア アンマン ペトラ 安宿 日本人宿 タイガーエア サントリーニ島 エーゲ海 ヨルダン 瀬戸内海 津軽今別 

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

93日目①:エールしか飲めない身体になってしまったの。

みなさんは、「エール」という飲み物を知っているだろうか。

 「ジンジャーエール」の「エール」・・・たぶん元は同じなんだろう。。。


エールの解説(wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB_(%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB)


イギリスでストーンヘンジ、ソールズベリー大聖堂、
 バース市内(古代ローマ浴場)の3点セットを廻る
  JTBの現地ツアーに参加した際、

 ベテラン添乗員の女性が、イギリスのビールについて、
  以下のように説明した。


「ビールには3種類ありまして。

  日本などアジアでみなさんよく飲まれるのは『ラガー』といいますね。

   ギネスビールとか、あの黒くて苦いのが『スタウト』。 

  でも欧米では、『エール』がよく飲まれるんです。

   色が濃くてまろやかで、コクがあって・・・こちらでは常温で飲むんです。」


そういえば、欧米のビールって黒いのとか赤いのとか、
 とにかく色が濃いものを連想するよね。

昼食(フィッシュ&チップス、デザートにアップルパイ)の会場が
 ソールズベリー大聖堂近くの100年を超える老舗のバーだと言うので、
  メニューを見て迷わずエールを注文。(£5.5)


    う、うみゃぁぁ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
       (冷やしてあったけど)

  
それ以降、イギリス・アメリカ・カナダで飲んだのは、ほとんどエール。
 ラガーもあるけど、銘柄の数としては同じくらい。


  それが香港へ行くと、、、全くなし。


 香港や青島など中国のビールは1つだけスタウトを見つけたけど、あとは全部ラガー。

  しかも薄くて味も、、、どれを飲んでも同じで、、、正直あんまり。。。( ̄_ ̄|||)

家で飲んでたのは、貧乏人にピッタリの、1ケース2000円もしない「第3のビール」。

 お中元・お歳暮にスーパードライをもらったときだけ、本物のビールが飲める。。。


けどエールの味が忘れられない僕は、欲望に勝てず

 楽天市場で「第3のビール」の3倍もするエールの地ビールを購入してしまった。。。


よなよなエール(楽天市場)
http://www.rakuten.ne.jp/gold/yonayona/aboutale.html


 届いて早速、冷やすことなくプルトップを開け、、、


    う、うみゃぁぁ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


日本ではビールのうち1%しか飲まれてないらしいけど、信じられない。

 世界一周で、人生観はとりあえず「ビール観」が変わってしまったらしい。。。(つд⊂)

  ラガーは冷やすから冬場お腹の弱い僕は泣く泣く熱燗に切り替えたりしてたけど
          (鍋んときはそれでいいんだけど)

   常温(13℃の冷暗所で保存)で飲めるビールはまじ好都合。


これからは、エールの布教活動もしていきます(*^ー゚)b !!
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

tag:世界一周 バックパッカー ロンドン イギリス エール

90日目:"白人の国"に酔う

二十歳の時にネパールに行って、
それまで自分が日本で培ってきた感覚や常識
(自分が常識的な人間かどうかはさておき)というものが
音を立ててバラバラに砕け散る感じがし、
そのことに新鮮さというか、爽快感すら覚えた
(≒人生観が変わった)感動があった。


今回の旅も、できればそういう体験をどこかでデジャブできれば・・・
とは思っている。

ただそう言いながら、ネパールに行ってから今までの12年間で
いろんなことから頭が凝り固まってしまい、
主にテレビや書物から得た情報だけで外国のことを
あたかもすべて知っているかのような気になり、
いつの間にか、文化や習慣、人種の面で日本と近いアジア諸国以外には
余り興味を感じなくなっていった。

とりわけ欧米は日本と同じ先進国の多い地域だし、
歴史などは高校時代に世界史で少しかじったものの、
わざわざ行ってみようと思うほどには、興味を持つことができなかった。

・・・たぶん根底には、白人コンプレックスや英語が苦手なこともあるんだと思う。


でも今回、駆け足ではあるけどヨーロッパを旅して、
"白人の国"が自分の想像と少し違っていたことに気が付いた。


それは、"白人の国"でありながら、

「街を歩いているのは白人ばかりではない」という、

「考えてみれば結構フツー」な事実。


フィンランド・イタリア・ギリシャもそうだったけど、
イギリスはもっと人種のるつぼ。

アジア系、アフリカ系、中東出身っぽい人、インド人っぽい人
・・・肌も髪も黒い人がいっぱいいた。
服装も様々。各々言葉も違うし、よく見てるとちょっとした所作も違う。

自分なんか浮くかも、、、とか思ってたら、案外そんなことない。
(まぁ溶け込んではいないだろうけど^^)

逆に言うと、

  みんな同じような容姿で
  みんな同じような服を着てて
  みんな同じ言葉を話して
  みんな同じ日に休んで
  みんな同じテレビを見て
  みんな同じ映画を見て
  みんな同じ所へ行って
  みんな同じように行動して
  みんな同じなんだからそこは空気を読んで・・・

・・・ってな感じに、なんかみんな同じになりがちな日本・・・

考えてみれば、こっちのほうがよっぽど奇異な感じがする。
(単一民族云々や島国云々のハナシは置いといて)


こういう"新鮮な感覚"、日本に帰ってからも忘れずに生きていきたい。

コメント

コメント



青2010年10月06日 10:33
そういう人種のるつぼっぷりを目の当たりにすると、日本が世界的に見ていかに不思議な国かわかりますよね。
いろんな人が見事にカラフルに入り混じる、それが個人的に理想の世界だったりします(^^)

けど、私は浮いちゃうのも好きですよ。笑
日本にいると圧倒的なマジョリティーに埋没しますが、マイノリティーになった途端自分という個を認識できるので~。

あと、ヨーロッパに出ると不思議と「日本人」って意識よりも「アジア人」って意識が強まるんですが、直樹さんはどうですか??

シナモン

シナモン2010年10月06日 20:29
> 青さん

> 日本にいると圧倒的なマジョリティーに埋没しますが、マイノリティーになった途端自分という個を認識できるので~。

そういうの自分でも好きなほうだろうとは思うんですが、
たまに中国韓国台湾みたく"透明人間"化したくなるときってありますね。

> ヨーロッパに出ると不思議と「日本人」って意識よりも「アジア人」って意識が強まるんですが、直樹さんはどうですか??

やっぱありますよ。

昨日は宿から徒歩圏内にある
バッキンガム宮殿、セントジョーンズパーク、ロンドン三越、
トラファルガー広場、ホースガーズ、ビッグベン、
テムズ川、ロンドンアイ、
ウェストミンスター教会、ウェストミンスター大聖堂
(↑前者はイギリス国教会、後者はカトリック)
・・・に行ってきたんですが、どこも地図とカメラを持った観光客だらけ。

日本人っぽい人がいたら声をかけたくなりますが、
三越以外で見たのは、やっぱり中国人が多くて、次に韓国人。
回転寿司とか日本食バーとか結構ある割りに日本人は少ない気がしますね。

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

tag:バックパッカー 世界一周 イギリス ロンドン

89日目:大英帝国の洗礼

ついさっき、予定より11時間も遅れて
ロンドンの宿にチェックイン......._| ̄|〇
(理由は後述)

アテネ最終日は、北島康介になりきって


  チョーきもちいい( ̄▽ ̄) ニヤ


を言いたくて
昼からアテネオリンピックのメイン会場だったとこに
行ってきたんだけど、
そこへ行くことからして大変だった訳で。。。


そもそも、サントリーニからの船で着いたピレウス港から
宿があるオモニアへは、地下鉄で1本、8駅。

時間遅かったから列車も空いてるし、
なんだカンタンじゃーんと思って
でーんと脚組んでたりすると、
オモニアの1駅手前でなぜか列車が止まって動かない。

それまで乗ってたBPの連中もなんだかんだいいながら
降りていくので「何事?」と思ってキョロキョロしていると、
目の前の席に座ったお兄さんがどうやら

「列車はこの駅で折り返すから降りたほうがいい」

みたいなことをおっしゃっており。。。( ̄□ ̄;)!!

どうやらこの先は工事で運休中とのこと。
目的地を目の前にして、2回乗り換えて迂回し、なんとか宿に到着。


で最終日、飛行機は夜なので、
宿をチェックアウトしてオリンピック会場へ。

そこは、オモニアから路線図上は10駅ぐらいあって遠いけど、
またも1本で行けるはず。

だがこの路線、ピレウスから来たのと同じ路線で、
オモニアから先もやっぱり工事で所々運休。

一旦他の路線で迂回して少し進み、さらに途中からバス代行で目的地へ。

たぶん・・・普通に行く分の倍は時間かかったと思う。

まぁ、時間に余裕あったからいいけど。。。┌┤´д`├┐ダル~


夕方になり、空港へ。

空港まではこれまた地下鉄で終点まで乗ってればスイッと行けるハズ

・・・が、なぜか、、、空港の4駅手前で終点に∑( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!

路線図をよく見ると、そこから地下鉄じゃない別の鉄道も空港まで
乗り入れてるとのこと。

・・・なんかよく分からんが、とりあえず乗り換え。

最近(たぶんオリンピックに合わせて)出来た新しい鉄道らしく、
車両も綺麗だった。無事空港に到着。

それにしてもこっちの鉄道、
改札といっても切符に時刻を刻印する機械があるだけだから
たぶんキセルしまくってるヤツいっぱいいると思う。

見てると半分以上の人が素通りしてるし、
そもそも改札に駅員とかいないし。


機内ではローマの宿から持ってきた「かもめ食堂」
(ヘルシンキを舞台にした映画の原作書き下ろし。
 ロケ地行ったのに映画自体知らなくて…)
の本を一気に読破。

話に聞いた通りたしかに女性向きの、
のほほんとしたお話でしたよ。
登場人物それぞれの人生が細かく描写されてて、面白かったです。

これ知ってたら、ヘルシンキ観光もっとテンションアゲ↑アゲ↑だったかもハート達(複数ハート)


ロンドンに着き、EU圏と違って入国カードに記入して
無事生涯19か国目、この旅9か国目、
「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」に入国!(= ̄▽ ̄=)Vヤッタネ

宿があるビクトリアまでは、地下鉄で1回乗り換えるだけ!

ちょーラクなはず、( ̄▽ ̄)V いえーい!

と、ところが、、、


   地下鉄(Underground)はストでほとんど"Suspended"。。。(´Д`|||) ドヨーン

     (こっちじゃストはよくあることらしい...)

     (関係ないけど昔ハワイ行った時もバスがストで全く動いてなかった...)


・・・仕方なく、ビクトリアの近くのパディントンまでノンストップの
特急「ヒースローエクスプレス」(約20分、£18)で行き、
そこから1本で行けるはずのCircle Lineは運休してたから
Bakerloo LineとVictoria Lineを乗り継いで、なんとかビクトリアに到着。。。

ただ、この地下鉄もかつてなく高い。。。

同じゾーン1なのに、1回券(シングルチケット)のお値段が


   なんと£4。。。<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!

まぁ、券売機で日本語表示してくれるのもかつてなくて
嬉しいっちゃ嬉しいけど。。。なんだかなぁ。。。


駅を出て、指定された公衆電話から本日の宿、
ピムリコハウスに連絡。

   ピムリコハウス
   http://uk-life.com/pimlicohouse/

が、、、そもそも公衆電話にコインが入らない。。。

途中で止まってしまう。。。取り出せない。。。

なけなしの£1(≒135円)が、何もしないで奪い取られてしまう。。。

(聞くところによると公衆電話のほとんどは壊れており、
 その詰まったコインをガムなどで取り出して生活してる人がいるとかいないとか…)

公衆電話もいくつか種類があるので、
いろいろ試してたら、なにもしないで結局£5を失った......._| ̄|〇


そこで、たかが市内通話のためにクレジットカード使ってTEL。。。

だが、何度かけても繋がらない。。。

留守電っぽいのに切り替わったから一応メッセージ残しておいたけど。。。

予約確認書に載ってた固定電話の番号にもかけてみたけど、
一向に出る気配なく。。。
(↑この番号もう使ってないらしい。。。それ先に言えよ。。。)


23:00に到着の予定が、遅れに遅れてすでに24:30。。。

・・・ギリシャから時差2時間。

身体時計は、すでに26:30を過ぎ。。。疲労困憊。

最高でも15℃程度のロンドンの夜は寒い。

住所を頼りに道行く人に聞いてまわったけど、
一向に辿り着けない。。。
(実はメゾネット式の普通のアパートで看板も出さずに営業してるので
 普通の家かと思ってそこの前を何度も通り過ぎていた......._| ̄|〇)


結局もう、お手上げ・・・(;´ρ`) グッタリ

ビクトリア駅前の、ステーションホテル(£35)に飛び込み。

シャワートイレはOutside。壁薄。暖房故障。テレビのリモコン効かず。

・・・とりあえず寝た。


そして今朝、もう一度クレカ使って電話してみると
これがあっさりと繋がった。

オーナーが韓国人で、まだ始めて1か月のアルバイト管理人
リー(たぶん李)さんも、コリアン。

同宿の人にとりあえず「こんにちは」って言ってみたら
返ってきた言葉は「アンニョハセヨ」だったりして。。。

HPで「日本人専用安宿」って謳ってた気がするけど。。。まぁいいけど(苦笑

リーさんの携帯電話(サムソン)、
なぜか「ミーティングモード」(ってのが韓国の携帯にはあるらしい)ってのになってて
着信にすら気がつかなかったとか。。。

とりあえず、6泊男専用6人ドミ朝食込WiFi無料
(ついでに水など飲み物無料、夕食時のみだけど米無料、
 中国版?海外向け出前一丁や韓国のインスタント麺一日一食まで無料、
 コピー用紙1人2枚まで無料、プレミアリーグ観戦チケット手配可)
で計£116のところを、£80にしてもらって、一件落着。

さっそく事情を知った同宿の女性に


  「やさしそうに見えるけど、、、これでよく怒らないですね。」


とか言われた。

ここに泊まってる人、最初はみんなトラブったみたい。

そもそも壊れたのばっかりで使いモノにならない公衆電話で連絡しないといけないとか、
宿の前に看板出してないとか・・・問題は認識してるのに
管理人がバイトだしオーナーはめったに顔見せないから
改善される気配がない。

それ自体どーなの?とは思うけど、
ローマの宿もかなり適当だったし、なんとかなったからまぁいっか、と。

客の身分で宿の運営に口出すのもどーかと思うし。。。


とりあえず、、、JTBでストーンヘンジ行く日本語ツアー申し込んでこよっかな。

疲れたから、今日の予定はそれだけ。

観光は明日からってことでヾ( ´ー`)ノ~

コメント

コメント



青2010年10月05日 23:24
老大国の洗礼…聞きしに勝るものがありました。笑
ストで遅れたり管理がずさんだったり、フランスさんではよく聞きますが、ブリテンもそうなんですね~(・∀・;)

ストーンヘンジの写真楽しみにしてます(^^)/

ゆーきゃん

ゆーきゃん2010年10月06日 01:48
なおきさんがロンドンにいるっていうのが、ただただ驚きですふらふら

タイで話しているときは、ノリで乗っかり系世界一周!なんて話をしてたけど、あれから1ヶ月と少しでもう半周しちゃってるんですもんねぴかぴか(新しい)

次の日記も楽しみにしてます!わーい(嬉しい顔)

シナモン

シナモン2010年10月06日 06:40
> 青さん

ストは「週末はよくやってる」らしいんですが、
昨日は月曜日。
それは、「運が悪かった」らしいです。。。

フランスもなんですね。。。

ストーンヘンジetcのツアー、ネットで申し込めたんで、
JTB行かずにさっき申し込んじゃいました。
あとは、7:45集合なんで寝坊しないことだけ考えます┐(~ー~;)┌


> ゆーきゃんさん

サマータイムでタイとは時差6時間(日本とは8時間)だから、
タイからすればまぁ1/4周ってとこなんですけどね…。
それでも結構駆け足の世界一周ですけど。

今ここにいるのは成り行きというか、良く言えば運命というか。
カナーンでIさんと会わなければ
たぶん今頃は実家のテレビの前でトドみたいにゴロゴロして
クライマックスシリーズ(もう始まった?)とか見てましたからw

とにかく、のっかり相手のIさんに感謝ですよ目がハート

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

tag:世界一周 バックパッカー ギリシャ イギリス ロンドン アテネ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。