プロフィール

naotabi

Author:naotabi

広島人です。
国内・海外問わず、旅が好きです。
旅先で見上げる、空が好きです。

World66 - visited countries


◆ 最新の旅 ◆

(検討中...)


◆ 過去の主な旅 ◆

(2013)
●東アジア杯男子初優勝記念(後付け)!
陸路で巡る五族協和の旅一ヶ月
●JALディスカウントマイルで行く!
世界最大の花と世界最小の猿を訪ねるフィリピン・ボルネオ2週間
(2011-2012)
●七十二日間インドネシア・インド横断
(2011)
●六十日間東北・北海道一周
(2010)
●百二十三日間世界一周
●二週間で八重山離島巡りからの~~~中国サンフレACL観戦
(2009-2011)
●四国八十八箇所霊場&別格二十霊場 煩悩の旅
(2004)
●グァム再訪3泊4日(妹の挙式)
(2003)
●ハワイ3泊5日(卒業旅行と見せかけて、実は某娘。FC主催ボッタクリツアー)
(2002)
●オーストラリア家族旅行1週間
(1999)
●三十五日間東南アジア周遊(初海外一人旅)
(1998)
●ネパール(障害児のための学校スタディツアー10泊11日)
(1992)
●グァム(往復にっぽん丸で9泊10日)


◆ 訪れた国・地域 ◆

[国内]
●アイヌコタン(北海道)
●琉球王国(本島・八重山諸島)
●大阪民国(五年三ヶ月在住)
●東京砂漠(四年半在住)
他、佐賀県(通過)を除く全都道府県

[東アジア]
●韓国
(ソウル・釜山・都羅山・臨津江・DMZ)
●北朝鮮
(平壌・開城・板門店)
●中国
(北京・天津・済南・青島・香港・マカオ・丹東・瀋陽・ハルピン・チチハル・ハイラル・ノモンハン・エレンホト)
●台湾
(台北)
●モンゴル
(ウランバートル⇔ザミンウード・ハラホリン・テレルジ)

[東南アジア]
●タイ
(バンコク・メークロン・カンチャナブリ・サンクラブリ・アユタヤ・チェンマイ・メーサイ・チェンセーン・チェンコーン・チェンライ・ゴールデントライアングル・ノーンカーイ)
●ミャンマー
(タチレクのみ1時間滞在)
●ラオス
(フェーサイ⇒ルアンパパン⇒ヴィエンチャン⇒サバナケット⇒パクセー⇒チャンパーサック)
●ベトナム
(ギアライ⇒サイゴン⇒ニャチャン⇒ホイアン⇒フエ⇒ハノイ・ハロン湾)
●カンボジア
(ポイペト⇔シェムリアップ)
●マレーシア
(KL・マラッカ・ジョホールバル・コタキナバル・キナバル公園・ラナウ・ラブアン島)
●シンガポール
●インドネシア
(バリ⇒ブロモ山⇒ジョグジャ⇒ジャカルタ)
●フィリピン
(マニラ・セブ・ボホール島)
●ブルネイ

[南アジア]
●インド
(コルカタ⇒ブッダガヤ⇒バラナシ⇒カジュラホ⇒サーンチー⇒ボーパール⇒アジャンター⇒アウランガバード・エローラ⇒ムンバイ・エレファンタ島⇒デリー)
●ネパール
(カトマンドゥ⇔ポカラ)

[中東]
●ヨルダン
(アンマン⇔死海⇔ペトラ)

[ヨーロッパ]
●フィンランド
(ヘルシンキ)
●イタリア
(ローマ⇔ソレント・ポンペイ・カプリ島・アマルフィ・ポジターノ・ピサ・フィレンツェ)
●ヴァチカン市国
●ギリシャ
(アテネ⇔サントリーニ島)
●イギリス
(ロンドン・グリニッジ⇔ストーンヘンジ・バース・ソールズベリー)

[北米]
●アメリカ
(ハワイ・LA・ナイアガラ⇒NY)
●カナダ
(バンクーバー⇒トロント⇒ナイアガラ)

[オセアニア]
●グァム
●オーストラリア
(ケアンズ・グリーン島・ブリスベン・ゴールドコースト)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
タグ一覧

バックパッカー 世界一周 タイ カンチャナブリ エアアジア カナーン ベトナム アメリカ カナダ ロサンゼルス ラオス インドネシア ギリシャ バンクーバー ナイアガラフォールズ バリ マレーシア バンコク 北海道 インド 北朝鮮 パクセー イギリス サイゴン アテネ 香港 ビエンチャン モンゴル ロンドン トロント ビザ LCC フエ 中国 山形 青森 JAL 丹東 航空会社 ニューヨーク コタキナバル ブルネイ フィリピン サンクラブリ ホイアン とほ宿 ニャチャン 韓国 ウブドゥ 東アジアカップ 平壌 米沢 カオサン ハノイ 養老牛温泉 佐呂間 滝川 深夜特急 竜飛 あけぼの 稚内 比布 増毛 からまつの湯 多和平 裏摩周 オンネトー 開陽台 棟方志功 青函トンネル記念館 竜飛海底駅 屈斜路湖 弟子屈 土方歳三 トラピスチヌ修道院 一人旅 阿寒湖 亀田八幡宮 五稜郭 函館 イラン おくりびと 山寺 急行きたぐに 直江兼続 カープ栗原実家 ZESTGIRLS 蔵王温泉 新潟 ライダーハウス 一筆書き スカイマーク 搭乗拒否 特典航空券 個人旅行 燃油 フランス パリ スカイスキャナー SkyScanner 燃油代 知床五湖 知床岬 羅臼湖 下川裕治 格安航空会社 クライストチャーチ ニュージーランド 津軽二股 BIG APF ATF ウナベツ温泉 アジア万感 プロモ山 民宿日出 ジョグジャカルタ メークロン コルカタ バラナシ ブッダガヤ ジャカルタ マラッカ ノーンカーイ フィレンツェ ピサ エール ハロン湾 クアラルンプール 格安航空 ダライ・ラマ カジュラホ ハルピン ソウル ノモンハン 下関 釜山 青島 仁川 ボホール マニラ アウランガバード ボーパール サーンチー Perfume NEXUS7 セブ ボルネオ アマルフィ ソレント ダーツ 仙庭 えりも岬 旅サラダ 東北 絢香 みんな空の下 羅臼 とおまわり 義経 ハチクマ 三厩 太宰治 盛岡 リゾートしらかみ 秋田 エアアラビア 坂口憲二 ヘルシンキ 台湾 サントリーニ フィンランド ワットポー ローマ イタリア アンマン ペトラ 安宿 日本人宿 タイガーエア サントリーニ島 エーゲ海 ヨルダン 瀬戸内海 津軽今別 

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

112日目: I ♥ N.Y.

起きたら10時半。

同宿の人3人のうち、筧利夫に似た中年なりかけ風のOさんは
8時半頃に目覚ましが鳴って早々に外出。

あとの2人は、僕が起きてもまだ夢の中・・・zzz....


同じフロアに女性用ドミもあるんだけど、人のいる気配なし。

みんな朝から外出ですか・・・いや、本当に素晴らしいことです。。。


俺らスローライフ組は、起きて顔洗ってシャワー浴びて
パンとコーヒーの朝食食べながらPCいじってダベってると
もう3時(w


朝早く出かけた女の子が帰ってくる頃になって、
ようやくNY市内観光へ。


宿の立地がホンマにええけぇ、今日は全部徒歩。
明日は地下鉄乗ってLower Manhattanのほう行こー思ーとるけどね。
 (↑なぜか広島弁↑)


今日5時間かけて廻ったのは、↓これ↓

 Empire State Building
 Broadway
 Times Square(WESTSIDE STORY, LION KING)
 FIFTH Ave.(5番街)
 Rockefeller Center
 St.Patrick's Cathedral
 Grand Central Terminal
 United Nations Headquarters
 Chrysler Building
 New York Public Library
 Korean Town
 Madison Square Garden


まぁ、いずれもザ・アメリカ、ザ・NYって感じですよ。

Rockefeller Centerってのは、広場がアイススケートのリンクになってるんだね。

 なんとなくだけど、昔内幸町の客先で仕事してたとき
  職場の目の前の「日比谷シティ」にフットサルのコートが作られてて
   知る人ぞ知る「南葛シューターズ」がそこで練習してたのを思い出した…


St.Patrick's Cathedralってのは、世界で11番目に大きな教会らしい。

 ヨーロッパやベトナム(←意外と教会多し)で大小さまざまな教会に行って
  特にヨーロッパはどこも荘厳な雰囲気に満ち溢れて
   ひどく感動したんだけど、ここも良かった。

 マンハッタンのど真ん中にこんな立派な教会が。。。


ふと気になったんだけど、
 ニューヨーカーでも歩きタバコとかポイ捨てとか普通にするんだね。

 この旅中思ったけど、タバコのマナーに関しては日本が一番いいね。

  ・・・日本でもまだまだだと思うけど。

 日本に比べて、欧米の女性の喫煙率ってほんと高い気がする。


今夜の夕食は$3のマッシュルームピザにビール。

 アメリカやカナダって、これ食っとけ!みたいなものがないから

  ほんとに食事がテキトーになっちゃう。

 日本と同じで、その気になれば世界中の料理なんでも食べられるしね。

  気がついたのは、ローマでよく見たハラルフード(ケバブとか)が
   街角でよく売られてること。また今度食べてみよう。


 <追伸>

  やっぱピザ1枚じゃ足りなかったので、
   同宿のMくんと、ハラルフード屋へ。

    ラムのジャイロ($4)ってのを食べました。
   
   ソムタム以来の辛さで汗と鼻水が(ry

コメント

コメント

シナモン

シナモン2010年10月30日 00:37
New York Public Libraryは映画「day after tomorrow」のロケ地だったらしい。

そう言えば見覚えが・・・。

あと、ロンドンの自然史博物館行った時、
映画『ナイトミュージアム』で見たのとそっくりな気がしてたけど、
これもNYのアメリカ自然史博物館がロケ地らしい。

まぁ、どっちも似たような外観・展示らしいから。。。

スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

tag:世界一周 バックパッカー アメリカ ニューヨーク

111日目:アメリカの車窓から

8:30

 起床。

10:00

 ホテルを出発。

10:20

 今日もレインボーブリッジを徒歩で渡る。

 橋の真ん中まで来て、右手のアメリカ滝・カナダ滝を見納め。

 振り向いて・・・


    さようなら、カナダちゃん。


 前に向き直って・・・


    こんにちはー、アメリカっち。


  (↑↑キモイけど、なんとなく親しみを込めて呼びたくなったんで)




 再入国カードも6$も必要なく、アメリカ再入国。

 あと残すは、ニューヨークと香港だけ。

10:30

 しばらくバスを待ってみようと思ったけど、
 声かけてきたタクシーに渋々顔で乗る。

  でも実は、時間がそれほど余ってなければ、最初からタクシーにするつもりだった。

  バスだとターミナルで乗り換えになるし、
  1~2時間に1本でバス停に時刻表ないからいつ来るか分からないし、
  USDのコインを持ってなかったし、

   (こっちのバスには両替機とかないから、
    事前に自分で両替してコインを用意しなければならない…)

  ぶっ壊れた重いキャリーを持って移動するのにすでに疲れてたし…

 運ちゃんがインド人顔だったから「アメリカなのに交渉かぁ?」って
 一瞬思ったけど、ちゃんとしたメータータクシーだった。

 運転も普通。ここはインドじゃなかった。…ふぅ

 初乗り$2.4、1/6mile(≒270m)毎に50セント。安い。
 (観光地などでの)Waitingは、$30/hour

 駅まで10分ぐらいで着いて、$14.9(≒1250円)。

  まぁ、ボーダーから7km弱ってとこ。ほんと円高助かるわぁ~~

10:50

 着いたところが、確かに駅とは書いてあるんだけど、
 小さな家みたいな建物がひとつ建ってるだけの、貨物駅みたいな場所。

 プラットフォームらしきものも見当たらない。

10:55

 列車が入線。

 回送かここ始発の列車かと思ったら、すでに客が乗っている。

 予約したチケットを発券して聞いてみると、どうもこれが自分の乗る列車らしい。

 トロントから来るこの列車(Maple Leaf 64)の、

  カナダナイアガラフォールズ駅 発車時刻は、10:24
  自分が乗るアメリカナイアガラフォールズ駅の発車時刻は、12:25

 両駅の間隔は10kmもない程度。


 つまり、、、この列車はカナダ側ですでに20分近く遅れて到着。

 通関などで1時間半停車する、、、ってことだね。

12:10

 駅員に呼ばれて乗車。

 ここから乗るのは、10人くらい。

 奮発してビジネスクラス($84。普通車は$56)にしたら、
 目の前に来ていた一番後ろの車両で、駅から地面に下りることなく、
 そのまま乗車できた。
  (普通車の客は一旦外に出て、歩いて乗り込む)

 といっても・・・設備は普通車と変わらないみたい。

 座席の間隔とか幅が広い(1列+2列。普通車は2列+2列)だけで、
 AC電源は普通車でも付いてるらしいし、
  (普通車には付いてないと思ってビジネスを予約してから知ったんだけど)
 飛行機みたく飲食のサービスが付いてる訳でもないし、
  (同じ車両にスナックがあるけど有料)
 車内誌もないし、
 冷房効きすぎで寒いのは東南アジアの鉄道と同じだし(w

12:20

 車掌が来て改札。

 後ろの子、

    "How long to NY?"

      "10 hours."

    "Oh....."

      "Long Time....."

 知らずに乗ったんかいっ。

12:25

 なんのアナウンスもなく発車。これも東南アジアと同じ。

   ・・・結構揺れる。

     カンチャのジャンピング列車を思い出す、、、

   やっぱこれだけ営業距離が長いと、
   日本みたくしょっちゅう保線作業はできないんだね。

   乗り心地、、、あんま良くないかも。

 ニューヨークまでの9時間半、日記書きまくろうと思ったけど
 これじゃすぐ酔ってゲロトレインになりそう(苦笑

16:00

 車内を探検。

 この車両の後方1/3だけが、自分の乗ってるビジネスクラスで、
 中央の1/3はスナック(売店)、
 前方の1/3は共用のお食事兼談話スペース、トイレ。

 トイレのドアを開けたら、中に女性が入ってた(爆

     (声で分かったから、見てないよ)


   ・・・なんで鍵かけないの?

          壊れてたのかな? ........謎


 隣の車両の普通車は、空いてた。

  乗車率は30%ぐらいかな。

   横になって寝てる人もいるし、
    これなら満席のビジネスじゃなくて普通車でよかったな。。。

22:20

 ライトアップされた橋の斜め下を通過。

  たぶんこれからマンハッタン島に入るんだろうけど、

    ここは川なの?   暗くてよく分からず。

22:30

 遅れて当然のAMTRAK、40分遅れでNY到着。

 地上に出てみると、暗くてよく分からないけど、高層ビルだらけ。

  マンハッタンの中心らしいから、やっぱ都会。

23:00

 宿の場所はすぐに分かったんだけど、今回も電話で管理人に連絡。

  コインがないので、近くの店でビールを買って捻出。

   2回目でようやく繋がった。


 ロンドンみたく、韓国人もいるらしいほぼ日本人宿。

  管理人は日本人。

  今回は男性専用4人ドミ。全員日本人。
     1泊$29。水パンコーヒーWiFi無料。
  

    Welcome to GardenHouse NY
    http://www.gardenhouseny.com/

 夜型の人が多い(昨日来た人は時差ボケみたい)せいか、
 ビール呑みつつPCイジりながらしゃべってたら3時前になってた…zzz...

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

tag:世界一周 バックパッカー カナダ アメリカ ナイアガラフォールズ ニューヨーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。