プロフィール

naotabi

Author:naotabi

広島人です。
国内・海外問わず、旅が好きです。
旅先で見上げる、空が好きです。

World66 - visited countries


◆ 最新の旅 ◆

(検討中...)


◆ 過去の主な旅 ◆

(2013)
●東アジア杯男子初優勝記念(後付け)!
陸路で巡る五族協和の旅一ヶ月
●JALディスカウントマイルで行く!
世界最大の花と世界最小の猿を訪ねるフィリピン・ボルネオ2週間
(2011-2012)
●七十二日間インドネシア・インド横断
(2011)
●六十日間東北・北海道一周
(2010)
●百二十三日間世界一周
●二週間で八重山離島巡りからの~~~中国サンフレACL観戦
(2009-2011)
●四国八十八箇所霊場&別格二十霊場 煩悩の旅
(2004)
●グァム再訪3泊4日(妹の挙式)
(2003)
●ハワイ3泊5日(卒業旅行と見せかけて、実は某娘。FC主催ボッタクリツアー)
(2002)
●オーストラリア家族旅行1週間
(1999)
●三十五日間東南アジア周遊(初海外一人旅)
(1998)
●ネパール(障害児のための学校スタディツアー10泊11日)
(1992)
●グァム(往復にっぽん丸で9泊10日)


◆ 訪れた国・地域 ◆

[国内]
●アイヌコタン(北海道)
●琉球王国(本島・八重山諸島)
●大阪民国(五年三ヶ月在住)
●東京砂漠(四年半在住)
他、佐賀県(通過)を除く全都道府県

[東アジア]
●韓国
(ソウル・釜山・都羅山・臨津江・DMZ)
●北朝鮮
(平壌・開城・板門店)
●中国
(北京・天津・済南・青島・香港・マカオ・丹東・瀋陽・ハルピン・チチハル・ハイラル・ノモンハン・エレンホト)
●台湾
(台北)
●モンゴル
(ウランバートル⇔ザミンウード・ハラホリン・テレルジ)

[東南アジア]
●タイ
(バンコク・メークロン・カンチャナブリ・サンクラブリ・アユタヤ・チェンマイ・メーサイ・チェンセーン・チェンコーン・チェンライ・ゴールデントライアングル・ノーンカーイ)
●ミャンマー
(タチレクのみ1時間滞在)
●ラオス
(フェーサイ⇒ルアンパパン⇒ヴィエンチャン⇒サバナケット⇒パクセー⇒チャンパーサック)
●ベトナム
(ギアライ⇒サイゴン⇒ニャチャン⇒ホイアン⇒フエ⇒ハノイ・ハロン湾)
●カンボジア
(ポイペト⇔シェムリアップ)
●マレーシア
(KL・マラッカ・ジョホールバル・コタキナバル・キナバル公園・ラナウ・ラブアン島)
●シンガポール
●インドネシア
(バリ⇒ブロモ山⇒ジョグジャ⇒ジャカルタ)
●フィリピン
(マニラ・セブ・ボホール島)
●ブルネイ

[南アジア]
●インド
(コルカタ⇒ブッダガヤ⇒バラナシ⇒カジュラホ⇒サーンチー⇒ボーパール⇒アジャンター⇒アウランガバード・エローラ⇒ムンバイ・エレファンタ島⇒デリー)
●ネパール
(カトマンドゥ⇔ポカラ)

[中東]
●ヨルダン
(アンマン⇔死海⇔ペトラ)

[ヨーロッパ]
●フィンランド
(ヘルシンキ)
●イタリア
(ローマ⇔ソレント・ポンペイ・カプリ島・アマルフィ・ポジターノ・ピサ・フィレンツェ)
●ヴァチカン市国
●ギリシャ
(アテネ⇔サントリーニ島)
●イギリス
(ロンドン・グリニッジ⇔ストーンヘンジ・バース・ソールズベリー)

[北米]
●アメリカ
(ハワイ・LA・ナイアガラ⇒NY)
●カナダ
(バンクーバー⇒トロント⇒ナイアガラ)

[オセアニア]
●グァム
●オーストラリア
(ケアンズ・グリーン島・ブリスベン・ゴールドコースト)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
タグ一覧

バックパッカー 世界一周 タイ カンチャナブリ エアアジア カナーン ベトナム アメリカ カナダ ロサンゼルス ラオス インドネシア ギリシャ バンクーバー ナイアガラフォールズ バリ マレーシア バンコク 北海道 インド 北朝鮮 パクセー イギリス サイゴン アテネ 香港 ビエンチャン モンゴル ロンドン トロント ビザ LCC フエ 中国 山形 青森 JAL 丹東 航空会社 ニューヨーク コタキナバル ブルネイ フィリピン サンクラブリ ホイアン とほ宿 ニャチャン 韓国 ウブドゥ 東アジアカップ 平壌 米沢 カオサン ハノイ 養老牛温泉 佐呂間 滝川 深夜特急 竜飛 あけぼの 稚内 比布 増毛 からまつの湯 多和平 裏摩周 オンネトー 開陽台 棟方志功 青函トンネル記念館 竜飛海底駅 屈斜路湖 弟子屈 土方歳三 トラピスチヌ修道院 一人旅 阿寒湖 亀田八幡宮 五稜郭 函館 イラン おくりびと 山寺 急行きたぐに 直江兼続 カープ栗原実家 ZESTGIRLS 蔵王温泉 新潟 ライダーハウス 一筆書き スカイマーク 搭乗拒否 特典航空券 個人旅行 燃油 フランス パリ スカイスキャナー SkyScanner 燃油代 知床五湖 知床岬 羅臼湖 下川裕治 格安航空会社 クライストチャーチ ニュージーランド 津軽二股 BIG APF ATF ウナベツ温泉 アジア万感 プロモ山 民宿日出 ジョグジャカルタ メークロン コルカタ バラナシ ブッダガヤ ジャカルタ マラッカ ノーンカーイ フィレンツェ ピサ エール ハロン湾 クアラルンプール 格安航空 ダライ・ラマ カジュラホ ハルピン ソウル ノモンハン 下関 釜山 青島 仁川 ボホール マニラ アウランガバード ボーパール サーンチー Perfume NEXUS7 セブ ボルネオ アマルフィ ソレント ダーツ 仙庭 えりも岬 旅サラダ 東北 絢香 みんな空の下 羅臼 とおまわり 義経 ハチクマ 三厩 太宰治 盛岡 リゾートしらかみ 秋田 エアアラビア 坂口憲二 ヘルシンキ 台湾 サントリーニ フィンランド ワットポー ローマ イタリア アンマン ペトラ 安宿 日本人宿 タイガーエア サントリーニ島 エーゲ海 ヨルダン 瀬戸内海 津軽今別 

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

111日目:アメリカの車窓から

8:30

 起床。

10:00

 ホテルを出発。

10:20

 今日もレインボーブリッジを徒歩で渡る。

 橋の真ん中まで来て、右手のアメリカ滝・カナダ滝を見納め。

 振り向いて・・・


    さようなら、カナダちゃん。


 前に向き直って・・・


    こんにちはー、アメリカっち。


  (↑↑キモイけど、なんとなく親しみを込めて呼びたくなったんで)




 再入国カードも6$も必要なく、アメリカ再入国。

 あと残すは、ニューヨークと香港だけ。

10:30

 しばらくバスを待ってみようと思ったけど、
 声かけてきたタクシーに渋々顔で乗る。

  でも実は、時間がそれほど余ってなければ、最初からタクシーにするつもりだった。

  バスだとターミナルで乗り換えになるし、
  1~2時間に1本でバス停に時刻表ないからいつ来るか分からないし、
  USDのコインを持ってなかったし、

   (こっちのバスには両替機とかないから、
    事前に自分で両替してコインを用意しなければならない…)

  ぶっ壊れた重いキャリーを持って移動するのにすでに疲れてたし…

 運ちゃんがインド人顔だったから「アメリカなのに交渉かぁ?」って
 一瞬思ったけど、ちゃんとしたメータータクシーだった。

 運転も普通。ここはインドじゃなかった。…ふぅ

 初乗り$2.4、1/6mile(≒270m)毎に50セント。安い。
 (観光地などでの)Waitingは、$30/hour

 駅まで10分ぐらいで着いて、$14.9(≒1250円)。

  まぁ、ボーダーから7km弱ってとこ。ほんと円高助かるわぁ~~

10:50

 着いたところが、確かに駅とは書いてあるんだけど、
 小さな家みたいな建物がひとつ建ってるだけの、貨物駅みたいな場所。

 プラットフォームらしきものも見当たらない。

10:55

 列車が入線。

 回送かここ始発の列車かと思ったら、すでに客が乗っている。

 予約したチケットを発券して聞いてみると、どうもこれが自分の乗る列車らしい。

 トロントから来るこの列車(Maple Leaf 64)の、

  カナダナイアガラフォールズ駅 発車時刻は、10:24
  自分が乗るアメリカナイアガラフォールズ駅の発車時刻は、12:25

 両駅の間隔は10kmもない程度。


 つまり、、、この列車はカナダ側ですでに20分近く遅れて到着。

 通関などで1時間半停車する、、、ってことだね。

12:10

 駅員に呼ばれて乗車。

 ここから乗るのは、10人くらい。

 奮発してビジネスクラス($84。普通車は$56)にしたら、
 目の前に来ていた一番後ろの車両で、駅から地面に下りることなく、
 そのまま乗車できた。
  (普通車の客は一旦外に出て、歩いて乗り込む)

 といっても・・・設備は普通車と変わらないみたい。

 座席の間隔とか幅が広い(1列+2列。普通車は2列+2列)だけで、
 AC電源は普通車でも付いてるらしいし、
  (普通車には付いてないと思ってビジネスを予約してから知ったんだけど)
 飛行機みたく飲食のサービスが付いてる訳でもないし、
  (同じ車両にスナックがあるけど有料)
 車内誌もないし、
 冷房効きすぎで寒いのは東南アジアの鉄道と同じだし(w

12:20

 車掌が来て改札。

 後ろの子、

    "How long to NY?"

      "10 hours."

    "Oh....."

      "Long Time....."

 知らずに乗ったんかいっ。

12:25

 なんのアナウンスもなく発車。これも東南アジアと同じ。

   ・・・結構揺れる。

     カンチャのジャンピング列車を思い出す、、、

   やっぱこれだけ営業距離が長いと、
   日本みたくしょっちゅう保線作業はできないんだね。

   乗り心地、、、あんま良くないかも。

 ニューヨークまでの9時間半、日記書きまくろうと思ったけど
 これじゃすぐ酔ってゲロトレインになりそう(苦笑

16:00

 車内を探検。

 この車両の後方1/3だけが、自分の乗ってるビジネスクラスで、
 中央の1/3はスナック(売店)、
 前方の1/3は共用のお食事兼談話スペース、トイレ。

 トイレのドアを開けたら、中に女性が入ってた(爆

     (声で分かったから、見てないよ)


   ・・・なんで鍵かけないの?

          壊れてたのかな? ........謎


 隣の車両の普通車は、空いてた。

  乗車率は30%ぐらいかな。

   横になって寝てる人もいるし、
    これなら満席のビジネスじゃなくて普通車でよかったな。。。

22:20

 ライトアップされた橋の斜め下を通過。

  たぶんこれからマンハッタン島に入るんだろうけど、

    ここは川なの?   暗くてよく分からず。

22:30

 遅れて当然のAMTRAK、40分遅れでNY到着。

 地上に出てみると、暗くてよく分からないけど、高層ビルだらけ。

  マンハッタンの中心らしいから、やっぱ都会。

23:00

 宿の場所はすぐに分かったんだけど、今回も電話で管理人に連絡。

  コインがないので、近くの店でビールを買って捻出。

   2回目でようやく繋がった。


 ロンドンみたく、韓国人もいるらしいほぼ日本人宿。

  管理人は日本人。

  今回は男性専用4人ドミ。全員日本人。
     1泊$29。水パンコーヒーWiFi無料。
  

    Welcome to GardenHouse NY
    http://www.gardenhouseny.com/

 夜型の人が多い(昨日来た人は時差ボケみたい)せいか、
 ビール呑みつつPCイジりながらしゃべってたら3時前になってた…zzz...
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

tag:世界一周 バックパッカー カナダ アメリカ ナイアガラフォールズ ニューヨーク

110日目:ナイアガラのオフ

昨日はカナダ側を廻ったので、今日はアメリカ側へ。


ホテルは本家?レインボーブリッジのすぐ横。

 こんなに立地いいのに
 (近くに酒屋がないのが難点だけど)
 安い($48)とこがあってよかった・・・。

間違えて入国側のゲートやマイカー用の出国ゲートに行ったりしたけど、
歩行者用の通路は一番端。滝側にあった。

両替機があって、空港の屋上の展望デッキにあるような
自動改札(バーがまわるやつ)にコインを入れて通る。

 通行料は、USDでもCADでも50セント。

 今はどっちも同じような価値だからいいけど、
 今まではUSDのほうが高かったから、
 アメリカ人にしてみれば少し不公平だったのかも。


橋の上から滝を望む。

やっぱり、、、霧の乙女号はもう、、、営業終了。無人。

心なしか、、、じゃなくて確実に、歩いてる人が少ない。

昨日はオンシーズン最後の日曜日。

 そして今日は・・・シーズンオフ最初の月曜日。。。

  昨日の人ごみが嘘のように、人気がない。

 昨日乗っといてよかったよ、霧のメイドじゃなくて乙女号。


阪急トラピックスの日本人ツアー客とすれ違ったりしながら徒歩5分、
300mほど歩いてアメリカ側へ。

こっちでは、入国審査アリ。

・・・といっても、LAX(ロスの空港)みたく指紋はとられず、結構ユルイ。

最新の歩き方には「出入国カードがないと$6徴収される」とか書いてたけど、
そんなものはなく(出入国カードは入国時に回収されてるし)、
パスポートを見ながら・・・

 “Hi.”

  “Hi.”

 “How long did you stay in Canada?”

  “1 week.”

 “ho... How long do you stay in U.S.A.?”

  “1 day. ...hahaha”

 “1 day? ...Where are you going?”

  “(後ろを指差して)Niagara Falls!!!”

・・・で、終了。スタンプすら押されない(w


税関出て右がすぐ、公園。

アメリカ滝を横から見て、ちょこっと上流の端を渡って
反対側からもアメリカ滝を眺める。



さらに歩くと、カナダ滝(ホースシュー滝)も横から眺められる。

  もうとにかく、、、昨日も書いたけど水量がスゴイ。

  轟音もスゴイ。水しぶきもスゴイ。カメラ防水じゃないからヤバイ。

  この勢いならライジャケ着てても溺れるねw



上流へ向かって歩く。

このあたりは、ゴート島という島。すでにナイアガラ川の中にいたっていう。。。

ここは小さな島全体が公園なんだけど、たまに人、犬の散歩、車、リス、トロリー。

   ヒトイネ。

ゴート島にくっついた、さらに小さな三姉妹島(Three Sisters Islands)を見て、
いい感じのベンチでボーッと1時間ぐらい。

雨パラつく天気でテンション上がらない。

ってか、眠い。昨日も夜更かしして日記書いてたから、、、ウトウト...


ふと我に返って引き返し、「風の洞窟ツアー」へ。

歩き方には$11と書いてあったけど、$6。

シーズンオフは水を直接浴びる場所までは行けず、黄色いポンチョもなし。

エレベーターで滝の下へ。

ツアーというからエレベーターガールじゃなくてボーイを兼ねたお兄さんが
下に降りるまで英語で何かガイドしてたけど、
ネイティブの発音は早すぎてほとんど聞き取れず。

  分かったのは落差が何百フィートとか、それくらい。

上から見ても十分スゴイけど、下から見るとさらにス(略

  ドドドドドドド・・・・・・



水の直撃を受けるとこまでは行けないけど、それでも十分濡れる。カメラ要注意。

帰りは別のエレガがいるので自由。


雨も本降りになってきたことだし、アメリカ側はほかに見所はないので
さっさとカナダへ帰国。

アメリカ⇒カナダのレインボーブリッジは、通行料無料。

回転扉を抜け、来た時と同じ歩道を通る。

カナダ側で、パスポートを見せながら・・・

 “Hello.”

  “Hello.”

 “Where are you going?”

  “(右を指差して)In my hotel.”
     (テンパってtoじゃなくてinて言っちゃった)

 “Where?”

  “Michael's Inn.”

 “How long do you stay in Canada?”

  “1 day. Tomorrow , I'll go to New York.”

 “OK.”

  “Thank you!”

・・・で、終了。やっぱりスタンプなし。

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

tag:世界一周 バックパッカー カナダ ナイアガラフォールズ

09日目:メイド=乙女?

町を散策して、滝を見に行ってみる。

ナイアガラフォールズって町には滝しかないようなイメージは
前にイッテQで見て覆ってたんだけど、
ラスベガスほどではないにせよ(行ったことないけど)、
一見滝とは関係なさそうな娯楽施設が集まった町だったってのは、
今回来てみて初めて知った。


坂を下りて、目の前に広がる滝とご対面。

正面にアメリカ滝、右手奥にカナダ滝・・・仲良く2つ並んでる。


  いやぁ~~さすがに、、、デカイ( ゚д゚)ポカーン


日本の滝なんかほんのチョロチョロ~~って感じ。

水量多いから水しぶきもハンパない。

もちろん、発電量もスゴイらしい。


アメリカ滝の左には、本家?レインボーブリッジ to U.S.A.


    そう、目の前はもう、ユーエスエー。


東京生活で最後に住んだのは(東京じゃない)
川崎市多摩区宿河原のリバービューが
売り(にしては家賃安め)なマンションだったけど、
その時の「多摩川挟んで目の前東京!」のスケールとは
全然比較になんないね(w


さすがカナダ・アメリカだけに?滝は見るだけのものじゃなくて
いろんなアトラクションがあるんだけど
観光客が欠かせないのはやっぱり、「霧の乙女号」。

英語では、"MAID of the MIST" という。

もう100年近い歴史があるらしいんだけど、
若干気になったのは「MAID = 乙女」っていう和訳。


  乗ったらメイドさんが並んで

    「おかえりなさいませ、ご主人さまっ♪」

  って出迎えてくれて萌え萌えじゃんけんとかして

  勝ったらメイドさんに霧吹きで水カケちゃったりできちゃう

    「霧のメイド号」じゃないのか......._| ̄|〇


これ乗るためにわざわざ1日早くナイアガラに来た訳で、
迷わずチケ購入。15.6CAD(=1250円)也。所要30分。

エレベーターで乗り場へ下りて、青いポンチョをかぶって乗船。


下から見上げる滝・・・この迫力がまたスゴイのなんのって・・・

  しつこいけど日本の滝とはスケールが違いすぎるぅっ!

あんなに感動した華厳の滝の何十倍ものスケールが目の前に・・・(*´д`*)ハァハァ


アメリカ滝の横では「風の洞窟ツアー」ってのをやってて、
なんと歩いて滝の下まで行って水の直撃を受けることができる♪
(明日行く予定)

その様子を眺めて、カナダ滝へ。

こっちはアメリカ滝に比べると横幅は狭いけど、
そのぶん水の勢いが強い。

  水しぶき(=霧雨)が風に乗って町まで飛んでくるくらいだから(笑

ここでは、水が滝壺に落ちるすぐ近くまで船が寄っていく。

  当然、水しぶきがかかりまくる。

最初は霧雨程度だったのが、、、最後は完全に暴風雨。台風中継並み。

カメラは吹き吹き使ったけど、防水仕様じゃないと壊れるかも。

ポンチョ着てても髪ズブ濡れ。

女性なんか、化粧流れちゃうだろうね。

  (帰りは別人になってる可能性大)



ポンチョは記念に持って帰れるんだけど、すっかり忘れてて返却してもた......._| ̄|〇



船を下りて、カナダ滝を間近で見ることができる、テーブルロックへ。

目の前で、大量の水が真下へ落っこちて行く。


  なぜか、見てるだけで爽快。気持ちいい。


明日は、日帰りでアメリカ側から滝を見てみよう。

コメント

コメント



青2010年10月25日 12:29
本来の「乙女」の意味がある「maiden」と取り違えての誤訳でしょうか?<霧の乙女
…と思って調べてみたら、ちゃんと「乙女、少女」の意味があるようですよ(´∀`)

maidで萌え萌えメイドさんが浮かんでしまうのは日本ならではですよね。笑
英国人ならおばちゃん女中さんを想像しちゃうのかなーと思ったり。

シナモン

シナモン2010年10月25日 12:35
> 青さん

わざわざ調査ありがとうございます(゚Д゚ゞケイレイ!!

メイド喫茶できてからイメージ変わっちゃいましたネェ~うれしい顔

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

tag:世界一周 バックパッカー カナダ ナイアガラフォールズ

108日目:ナニコレ鑑定結果[10月24日] ご相談 笑い転げた マヨネーズ

グレイハウンドバスでカナダナイアガラフォールズに着きました。

このグレイハウンド、たかが高速バスとナメてたら、
各座席にAC電源付き。

短距離だから?(一応ナイアガラ経由ニューヨーク行きなんだが)か知らないけど
イヤホンの差込口もあったけど、オーディオのサービスはやってなかったみたい。


今日からここで3泊。

天気悪いです。雨降ってます。

セブンで買ったバカデカいサンドイッチを食べつつ、
カナダのビールを飲みながら、今日はひたすら日記書きます。。。


ところで、、、↓↓↓

良いこと書いてなくね?

まぁ、妙に当たってる気はするけどね(´・ω・`)ショボーン


■「シナモンさん」の基本属性
ID 7609796
シナモンさんは基本的に、超伝導を3分の1にしたような人です。
そんなシナモンさんにとって、mixiとは人生の縮図のような存在です。
マイミクさん達にとって、いつも思い込んだら抜け出せないシナモンさんは、出会った事が夢であって欲しいと願わずに居られない存在です。
日本国民的に見て、シナモンさんの中で最も注目すべき点はこの世に2つしか無いキュートな瞳です。
これからシナモンさんとマイミクになろうとしている方は、シナモンさんの冷静に相手を見て的確に判断する性格に注意して下さい。
そうすれば、きっとシナモンさんとのマイミク関係はそれなりに続くでしょう。
以上の結果を総合的に判断すると、シナモンさんは「空気のような存在」であると言えます。

■日替わり鑑定 2010年10月24日現在の「シナモンさん」
今日の必殺技
  早風呂
日記を書く気力
  日記の語尾を「にゃん。」にしたい
マイミクへの気持ち
  友情を感じてる
今日一番純情なマイミクさんはこの人!
  http://mixi.jp/show_friend.pl?id=7680449

■一日一句 今日の「シナモンさん川柳」
  ご相談 笑い転げた マヨネーズ
 ※この川柳は、今日のシナモンさんの為に鑑定システムが勝手に詠った川柳であり、シナモンさん作の川柳ではありません。

■日替わり分析
  家族運:★★★★
  ドラマ運:★★★★★
  掃除運:★★★★★
  火運:★★★
  勝負運:★★★

★[New]なんでも鑑定書 mixiアプリ版★
http://mixi.jp/view_appli.pl?id=4312


ところで今朝の朝食時、スーさん(女将さん)に

  「あなたみたいな人は、楽しい事があっても気付かないかもしれない」

って言われた。

結構意味深なこと言うなぁ。。。


昼過ぎに出るつもりが、車で出かけるというので慌てて荷物まとめて
11時にチェックアウト。地下鉄の駅まで送ってもらった。

バスディーポに到着。12:15発のバスにギリギリ間に合った。


ほぼ同時刻、自分も乗るはずだった
(無事にキャンセルできたかどうか定かではない)
ラン航空で、Iさんはイースター島へ。

旅程はここから完全に別。

これでもぅ、偶然も起こりえない。
二度と会うことはないでしょう。

「終わり良ければすべて良し作戦」も実現せず…。

まぁこれで、、、よかったんだろうねぇ。。。

向こうが望まないんだから。。。

でもなんか、、、

  今回もやっぱり、引きずりそうだなぁ。。。

    3年ぐらい......._| ̄|〇

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

tag:バックパッカー 世界一周 カナダ トロント ナイアガラフォールズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。