プロフィール

naotabi

Author:naotabi

広島人です。
国内・海外問わず、旅が好きです。
旅先で見上げる、空が好きです。

World66 - visited countries


◆ 最新の旅 ◆

(検討中...)


◆ 過去の主な旅 ◆

(2013)
●東アジア杯男子初優勝記念(後付け)!
陸路で巡る五族協和の旅一ヶ月
●JALディスカウントマイルで行く!
世界最大の花と世界最小の猿を訪ねるフィリピン・ボルネオ2週間
(2011-2012)
●七十二日間インドネシア・インド横断
(2011)
●六十日間東北・北海道一周
(2010)
●百二十三日間世界一周
●二週間で八重山離島巡りからの~~~中国サンフレACL観戦
(2009-2011)
●四国八十八箇所霊場&別格二十霊場 煩悩の旅
(2004)
●グァム再訪3泊4日(妹の挙式)
(2003)
●ハワイ3泊5日(卒業旅行と見せかけて、実は某娘。FC主催ボッタクリツアー)
(2002)
●オーストラリア家族旅行1週間
(1999)
●三十五日間東南アジア周遊(初海外一人旅)
(1998)
●ネパール(障害児のための学校スタディツアー10泊11日)
(1992)
●グァム(往復にっぽん丸で9泊10日)


◆ 訪れた国・地域 ◆

[国内]
●アイヌコタン(北海道)
●琉球王国(本島・八重山諸島)
●大阪民国(五年三ヶ月在住)
●東京砂漠(四年半在住)
他、佐賀県(通過)を除く全都道府県

[東アジア]
●韓国
(ソウル・釜山・都羅山・臨津江・DMZ)
●北朝鮮
(平壌・開城・板門店)
●中国
(北京・天津・済南・青島・香港・マカオ・丹東・瀋陽・ハルピン・チチハル・ハイラル・ノモンハン・エレンホト)
●台湾
(台北)
●モンゴル
(ウランバートル⇔ザミンウード・ハラホリン・テレルジ)

[東南アジア]
●タイ
(バンコク・メークロン・カンチャナブリ・サンクラブリ・アユタヤ・チェンマイ・メーサイ・チェンセーン・チェンコーン・チェンライ・ゴールデントライアングル・ノーンカーイ)
●ミャンマー
(タチレクのみ1時間滞在)
●ラオス
(フェーサイ⇒ルアンパパン⇒ヴィエンチャン⇒サバナケット⇒パクセー⇒チャンパーサック)
●ベトナム
(ギアライ⇒サイゴン⇒ニャチャン⇒ホイアン⇒フエ⇒ハノイ・ハロン湾)
●カンボジア
(ポイペト⇔シェムリアップ)
●マレーシア
(KL・マラッカ・ジョホールバル・コタキナバル・キナバル公園・ラナウ・ラブアン島)
●シンガポール
●インドネシア
(バリ⇒ブロモ山⇒ジョグジャ⇒ジャカルタ)
●フィリピン
(マニラ・セブ・ボホール島)
●ブルネイ

[南アジア]
●インド
(コルカタ⇒ブッダガヤ⇒バラナシ⇒カジュラホ⇒サーンチー⇒ボーパール⇒アジャンター⇒アウランガバード・エローラ⇒ムンバイ・エレファンタ島⇒デリー)
●ネパール
(カトマンドゥ⇔ポカラ)

[中東]
●ヨルダン
(アンマン⇔死海⇔ペトラ)

[ヨーロッパ]
●フィンランド
(ヘルシンキ)
●イタリア
(ローマ⇔ソレント・ポンペイ・カプリ島・アマルフィ・ポジターノ・ピサ・フィレンツェ)
●ヴァチカン市国
●ギリシャ
(アテネ⇔サントリーニ島)
●イギリス
(ロンドン・グリニッジ⇔ストーンヘンジ・バース・ソールズベリー)

[北米]
●アメリカ
(ハワイ・LA・ナイアガラ⇒NY)
●カナダ
(バンクーバー⇒トロント⇒ナイアガラ)

[オセアニア]
●グァム
●オーストラリア
(ケアンズ・グリーン島・ブリスベン・ゴールドコースト)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
タグ一覧

バックパッカー 世界一周 タイ カンチャナブリ エアアジア カナーン ベトナム アメリカ カナダ ロサンゼルス ラオス インドネシア ギリシャ バンクーバー ナイアガラフォールズ バリ マレーシア バンコク 北海道 インド 北朝鮮 パクセー イギリス サイゴン アテネ 香港 ビエンチャン モンゴル ロンドン トロント ビザ LCC フエ 中国 山形 青森 JAL 丹東 航空会社 ニューヨーク コタキナバル ブルネイ フィリピン サンクラブリ ホイアン とほ宿 ニャチャン 韓国 ウブドゥ 東アジアカップ 平壌 米沢 カオサン ハノイ 養老牛温泉 佐呂間 滝川 深夜特急 竜飛 あけぼの 稚内 比布 増毛 からまつの湯 多和平 裏摩周 オンネトー 開陽台 棟方志功 青函トンネル記念館 竜飛海底駅 屈斜路湖 弟子屈 土方歳三 トラピスチヌ修道院 一人旅 阿寒湖 亀田八幡宮 五稜郭 函館 イラン おくりびと 山寺 急行きたぐに 直江兼続 カープ栗原実家 ZESTGIRLS 蔵王温泉 新潟 ライダーハウス 一筆書き スカイマーク 搭乗拒否 特典航空券 個人旅行 燃油 フランス パリ スカイスキャナー SkyScanner 燃油代 知床五湖 知床岬 羅臼湖 下川裕治 格安航空会社 クライストチャーチ ニュージーランド 津軽二股 BIG APF ATF ウナベツ温泉 アジア万感 プロモ山 民宿日出 ジョグジャカルタ メークロン コルカタ バラナシ ブッダガヤ ジャカルタ マラッカ ノーンカーイ フィレンツェ ピサ エール ハロン湾 クアラルンプール 格安航空 ダライ・ラマ カジュラホ ハルピン ソウル ノモンハン 下関 釜山 青島 仁川 ボホール マニラ アウランガバード ボーパール サーンチー Perfume NEXUS7 セブ ボルネオ アマルフィ ソレント ダーツ 仙庭 えりも岬 旅サラダ 東北 絢香 みんな空の下 羅臼 とおまわり 義経 ハチクマ 三厩 太宰治 盛岡 リゾートしらかみ 秋田 エアアラビア 坂口憲二 ヘルシンキ 台湾 サントリーニ フィンランド ワットポー ローマ イタリア アンマン ペトラ 安宿 日本人宿 タイガーエア サントリーニ島 エーゲ海 ヨルダン 瀬戸内海 津軽今別 

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19日目①:サンクラブリ2日目

カンチャより涼しいからか、少しブルッとして、
6時前に目が覚めた。



もう他に見るところもないので、
朝早いロットゥーで帰ることにした。

国境のスリーパゴダパスまで行こうかと思ったけど、
国境は閉鎖されてるみたいだし。。。


ロットゥー乗り場まで歩いていると、工事中の家から
兄弟らしき男の子が出てきた。

手にゴミ袋みたいな大きな袋を持って、各家庭のゴミ箱を
片っ端から漁っている。

なんなんだろう。。。

北朝鮮の「コッチェビ」みたいな子が、タイにもいるんだろうか。。。


7時頃の車に乗ったので、10時半にはカナーンに帰還。

SHUさん、「あれぇ~、早かったねぇ~」って(w


「新しい人来ましたぁ?」って何の気なしに聞いてみると、

  「あぁ、昨日から女性がひとり、来てるよぉ」

って。今は観光に行ってるみたい。


一昨日までと全く同じように、夕方までタイガーいじって遊んでました・・・
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

tag:世界一周 バックパッカー タイ カンチャナブリ カナーン サンクラブリ

18日目:とりあえずサンクラブリ

カンチャ周辺ではさすがにすることがなくなってきたので、
カナーンに荷物を置いて、
ミャンマーとの国境に近いサンクラブリに行ってみた。

日帰りできなくもないけど、せっかくだから1泊で。

路線バスだと5時間かかるので、より早いロットゥー(ミニバス)にした。
これだと、所要3時間半。175B。

距離は、、、250kmぐらいかな?


サンクラブリまでの行程のうち、
2/3ぐらいまでは片側2車線のまっすぐな道で、
行けば行くほど車が減って走りやすくなったんだけど、
残り1時間ぐらいから急に片側1車線のクネクネした道を登るように進んだ。

車内は15人ぐらい乗れて、最初満席だったんだけど、
途中で少しずつ人が降りて行き、最後まで乗ったのは5人ほど。

サイヨーク(カンチャから約80km。鉄道だと2時間かかるけど、ロットゥーだと45分)を
過ぎたところのパスポートチェックで、
女性2人がA4の紙2枚になにやらびっしり書かれた書類を見せてたけど、
結局口論の末に車から下ろされてた。

一体何が問題なんだろう。。。ってかバス代は。。。


隣の席のお兄さん、ぱっと見アキバ系ぽいけど、
車が寺や仏像の前を過ぎる度にワイ(合掌)をしてた。
タイ人の信心深さには頭が下がる。


サンクラブリに着いて、とりあえず宿探し。

歩き方には3軒ほどしか安宿が載ってなくて、一番景色がよさそうな
Pゲストハウスに行ってみるとフル。

あいにくタイは4連休の真っ只中。

欧米人だけでなく、タイ人も一家総出で車に乗ってレジャーに来てるらしい。

安宿というよりはタイ人向けのキャンプ場といった趣の、
BURMESE INNにチェックインした。

高床式のバンガローを区切ったアウトバスシングルで、100B。

値段交渉のとき、トイレバス付の部屋の値段を
受付の女の子が壁に指でなぞって書いたんだけど、
150Bの「5」をなぜか下から書いてた。


ここサンクラブリは、町とモン族の住む村を結ぶ
木製の橋(モンブリッジ?)が有名。

世界遺産、、、なのかな?
たぶん違うと思うけど、、、

数百mと結構長い。歩くとミシミシ。
台風なんか来たらあっという間に倒壊しそうで怖い。

周囲に広がるのは、典型的なタイの農村の景色。

川の両端に通したロープにつかまって泳ぐ子供、
よく見ると流れるプールの感覚で遊んでいるんだけど、
一見濁流に流されそうな人に見える。。。


橋の反対側に行けばすぐにモン族の村があるのかと思ってたけど、
あるのは土産物屋ばかり。
それも特にモン族らしいものはなく、誰がモン族かも分からない。

もっと奥に行かないと出会えないんだね。。。


そこまで行く気にはならなかったので、引き返して
町の小学校を散策。

建物の造りは、日本のそれとよく似てる。

マルチメディアセンターなんてのもあって、
コンピューター教育にも力を入れていることが伺える。

あと、簡単な英単語を絵で解説したポスターとか。

「KODOMO」って言葉、輸出されてんだね。

この日は日曜日で校内にはほとんど人がいなかったんだけど、
ベンチでひと休みして出ようとしたら、
遊びに来たのか子供がやってきて、
すれ違いざまにワイ(合掌)をされた。

慌てて僕もワイで返したけど、タイの人はほんと礼儀正しいよね。
特に田舎のほうへ行くと。

日本だったら完全に不審者扱いだけど。。。


町の入り口にあった涅槃仏を見に行くことに。

ワットポーのをひとまわり小さくしたぐらいだけど、
それでもなかなかどうして、デカイ。
顔はちょっとマンガチック。

ってか、、、涅槃仏って結構どこにでもあるんじゃ、、、


シンハ(ビール)を買って、公園で夕涼み。

タイの公園って、たいていどこにでも健康器具が置いてあっていいよね。

家でわざわざ買う必要ないし。


宿に帰ってハンモックでウトウトしていると、
突然天井から大きなトカゲ(ヤモリ?)が落ちてきて、、、腹に直撃!

慌てて飛び起きると、トカゲも慌てて逃げていった。。。


この宿、高床式バンガローとは言っても
シングルは独立タイプではなく、長屋みたくベニヤで仕切っただけ。

しかも、誰かが歩くと棟全体が揺れるし、壁は小さな穴だらけ。
光漏れまくり。

隣の部屋の、さっき食堂でいい雰囲気出してたカップルと思われる欧米人
(他の客はみなタイ人ぽかったので)の声を聞きながら、
他にすることもなく眠ったのでした。

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

tag:世界一周 バックパッカー タイ カンチャナブリ カナーン サンクラブリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。