プロフィール

naotabi

Author:naotabi

広島人です。
国内・海外問わず、旅が好きです。
旅先で見上げる、空が好きです。

World66 - visited countries


◆ 最新の旅 ◆

(検討中...)


◆ 過去の主な旅 ◆

(2013)
●東アジア杯男子初優勝記念(後付け)!
陸路で巡る五族協和の旅一ヶ月
●JALディスカウントマイルで行く!
世界最大の花と世界最小の猿を訪ねるフィリピン・ボルネオ2週間
(2011-2012)
●七十二日間インドネシア・インド横断
(2011)
●六十日間東北・北海道一周
(2010)
●百二十三日間世界一周
●二週間で八重山離島巡りからの~~~中国サンフレACL観戦
(2009-2011)
●四国八十八箇所霊場&別格二十霊場 煩悩の旅
(2004)
●グァム再訪3泊4日(妹の挙式)
(2003)
●ハワイ3泊5日(卒業旅行と見せかけて、実は某娘。FC主催ボッタクリツアー)
(2002)
●オーストラリア家族旅行1週間
(1999)
●三十五日間東南アジア周遊(初海外一人旅)
(1998)
●ネパール(障害児のための学校スタディツアー10泊11日)
(1992)
●グァム(往復にっぽん丸で9泊10日)


◆ 訪れた国・地域 ◆

[国内]
●アイヌコタン(北海道)
●琉球王国(本島・八重山諸島)
●大阪民国(五年三ヶ月在住)
●東京砂漠(四年半在住)
他、佐賀県(通過)を除く全都道府県

[東アジア]
●韓国
(ソウル・釜山・都羅山・臨津江・DMZ)
●北朝鮮
(平壌・開城・板門店)
●中国
(北京・天津・済南・青島・香港・マカオ・丹東・瀋陽・ハルピン・チチハル・ハイラル・ノモンハン・エレンホト)
●台湾
(台北)
●モンゴル
(ウランバートル⇔ザミンウード・ハラホリン・テレルジ)

[東南アジア]
●タイ
(バンコク・メークロン・カンチャナブリ・サンクラブリ・アユタヤ・チェンマイ・メーサイ・チェンセーン・チェンコーン・チェンライ・ゴールデントライアングル・ノーンカーイ)
●ミャンマー
(タチレクのみ1時間滞在)
●ラオス
(フェーサイ⇒ルアンパパン⇒ヴィエンチャン⇒サバナケット⇒パクセー⇒チャンパーサック)
●ベトナム
(ギアライ⇒サイゴン⇒ニャチャン⇒ホイアン⇒フエ⇒ハノイ・ハロン湾)
●カンボジア
(ポイペト⇔シェムリアップ)
●マレーシア
(KL・マラッカ・ジョホールバル・コタキナバル・キナバル公園・ラナウ・ラブアン島)
●シンガポール
●インドネシア
(バリ⇒ブロモ山⇒ジョグジャ⇒ジャカルタ)
●フィリピン
(マニラ・セブ・ボホール島)
●ブルネイ

[南アジア]
●インド
(コルカタ⇒ブッダガヤ⇒バラナシ⇒カジュラホ⇒サーンチー⇒ボーパール⇒アジャンター⇒アウランガバード・エローラ⇒ムンバイ・エレファンタ島⇒デリー)
●ネパール
(カトマンドゥ⇔ポカラ)

[中東]
●ヨルダン
(アンマン⇔死海⇔ペトラ)

[ヨーロッパ]
●フィンランド
(ヘルシンキ)
●イタリア
(ローマ⇔ソレント・ポンペイ・カプリ島・アマルフィ・ポジターノ・ピサ・フィレンツェ)
●ヴァチカン市国
●ギリシャ
(アテネ⇔サントリーニ島)
●イギリス
(ロンドン・グリニッジ⇔ストーンヘンジ・バース・ソールズベリー)

[北米]
●アメリカ
(ハワイ・LA・ナイアガラ⇒NY)
●カナダ
(バンクーバー⇒トロント⇒ナイアガラ)

[オセアニア]
●グァム
●オーストラリア
(ケアンズ・グリーン島・ブリスベン・ゴールドコースト)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
タグ一覧

バックパッカー 世界一周 タイ カンチャナブリ エアアジア カナーン ベトナム アメリカ カナダ ロサンゼルス ラオス インドネシア ギリシャ バンクーバー ナイアガラフォールズ バリ マレーシア バンコク 北海道 インド 北朝鮮 パクセー イギリス サイゴン アテネ 香港 ビエンチャン モンゴル ロンドン トロント ビザ LCC フエ 中国 山形 青森 JAL 丹東 航空会社 ニューヨーク コタキナバル ブルネイ フィリピン サンクラブリ ホイアン とほ宿 ニャチャン 韓国 ウブドゥ 東アジアカップ 平壌 米沢 カオサン ハノイ 養老牛温泉 佐呂間 滝川 深夜特急 竜飛 あけぼの 稚内 比布 増毛 からまつの湯 多和平 裏摩周 オンネトー 開陽台 棟方志功 青函トンネル記念館 竜飛海底駅 屈斜路湖 弟子屈 土方歳三 トラピスチヌ修道院 一人旅 阿寒湖 亀田八幡宮 五稜郭 函館 イラン おくりびと 山寺 急行きたぐに 直江兼続 カープ栗原実家 ZESTGIRLS 蔵王温泉 新潟 ライダーハウス 一筆書き スカイマーク 搭乗拒否 特典航空券 個人旅行 燃油 フランス パリ スカイスキャナー SkyScanner 燃油代 知床五湖 知床岬 羅臼湖 下川裕治 格安航空会社 クライストチャーチ ニュージーランド 津軽二股 BIG APF ATF ウナベツ温泉 アジア万感 プロモ山 民宿日出 ジョグジャカルタ メークロン コルカタ バラナシ ブッダガヤ ジャカルタ マラッカ ノーンカーイ フィレンツェ ピサ エール ハロン湾 クアラルンプール 格安航空 ダライ・ラマ カジュラホ ハルピン ソウル ノモンハン 下関 釜山 青島 仁川 ボホール マニラ アウランガバード ボーパール サーンチー Perfume NEXUS7 セブ ボルネオ アマルフィ ソレント ダーツ 仙庭 えりも岬 旅サラダ 東北 絢香 みんな空の下 羅臼 とおまわり 義経 ハチクマ 三厩 太宰治 盛岡 リゾートしらかみ 秋田 エアアラビア 坂口憲二 ヘルシンキ 台湾 サントリーニ フィンランド ワットポー ローマ イタリア アンマン ペトラ 安宿 日本人宿 タイガーエア サントリーニ島 エーゲ海 ヨルダン 瀬戸内海 津軽今別 

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示

28日目:バインセオは一口ずつ葉で包んで

宿近くの屋台で朝食を済ませ、サイゴン見物へ。

 調理も食べるのも食器を洗うのも、全部歩道で。

  しかも、しゃがんで。

   日本じゃありえないことだけど、景色がいいんだよね( ̄ー ̄)ニヤリ

●統一会堂

 サイゴン陥落の現場。

 広場の円形の噴水と、そこからまっすぐに伸びるメインストリートが印象的。

 ここを通って北軍の戦車が突入したんだと思うと、鳥肌が立った。  

 「1975年4月8日には、北ベトナム軍が鹵獲したノースロップ
   F-5戦闘機による爆撃を受けた。
  同年4月30日のベトナム戦争終結時に、サイゴン市内に突入した
   北ベトナム軍の戦車が当時は大統領府であったこの建物のフェンスを
   破り突入、南ベトナムの首都サイゴンは陥落した。
  その際の映像は「一つの国が消滅する瞬間」として
   全世界に配信され有名となった。」
  (wikiから引用) 

●戦争証跡博物館

  実際に使われた兵器や拷問器具を展示。

   歩き方には「ホルマリン漬けの赤ちゃん」が展示の目玉みたいに

    書いてあったけど、実際は床にさりげなく置いてあるだけで

     気付かない人も多かった。。。

フォト
フォト
フォト

サイゴン大教会

  この後も各地で立派な教会に行ったんだけど、

   ベトナムにキリスト教・・・ちょっと意外。

フォト
フォト

●中央郵便局(Saigon Central Post Office) - フランス植民地時代の建築。

  中にいる人間のほとんどが、欧米の観光客だった(´・ω・`)

フォト
フォト
フォト

夕方、ベンタイン市場の前の広場で、ダーカウ(羽蹴り)に挑戦♪

   ベトナムで人気の遊び、ダーカウって?
   http://www.excite.co.jp/News/bit/00091155114764.html

 ベトナム人は器用に足の裏で蹴ったりして、すご~~く上手。

  ・・・けど、自分たちでやるとなかなかラリーが続かない。


 困っていると、ベトナム人に日本語で話しかけられた。

  彼は、近くの町に住む大学生。(名前忘れた…)

   ソニーへの就職を目指して、独学で日本語を勉強中。

    ・・・熱い思いを語ってくれた。

    なぜそこまでソニーにこだわるのかは分からなかったけど、

     日本企業に憧れを抱いてくれるのは、嬉しいことだね。         


  彼に食べ方を教えてもらって

   ベンタイン市場でバインセオ(ベトナム風お好み焼き)を食べ、

    夜行寝台バスで、次の街・ニャチャンへ向かった。    

フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト

↑今はもう、こういう光景は見られないようで・・・

  ・山笠被った人 ← 普通にいる
  ・アオザイ姿の女子大生 ← 洋服が多いのでかなり貴重
  ・自転車こぐ人 ← おばちゃんが多い

  けど、この三拍子揃った人は見なかった。。。(´Д`)
スポンサーサイト



テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

tag:世界一周 バックパッカー ベトナム サイゴン

27日目:素直になれないツアー

わずか$6の1日ツアー(英語だけど)で、

       カオダイ教総本山とクチトンネルへ。

カオダイ教とは、ベトナムの新興宗教。

  キリスト教っぽいようで

   仏教や道教みたいな要素もありつつ、

    イスラムチックな感じもしないでもない。。。


 「五教(儒教、道教、仏教、キリスト教、イスラム教)の教えを
  土台にしたことから、カオダイ=高台と名付けられた。」
  (wikiから引用)


壁や旗、オブジェにやたら目玉が描かれてるのが印象的。

   写真を撮りまくる。

  礼拝が始まると、さらに観光客がこぞってフラッシュをたく。

 クチトンネルとセットになってるから来たものの、

   正直宗教を見せ物にすること自体が

      どーなんだろー、、、と考えてしまい、

        素直に楽しめなかった。


 だって、、、自分が信者だったら

     いくら収入源とは言っても、観光客明らかに邪魔だし( ´_ゝ`)

昼食の後、クチトンネルへ。


 「クチの地下道(-ちかどう)は、ベトナムホーチミン市の
  40km北西のクチ県にある、全長200kmの地下トンネルネットワークである。
  ベトナム戦争中に、南ベトナム解放民族戦線 によって作られた。
  ここよりカンボジアとの国境付近までトンネルが張り巡らされていた。
  周辺には落とし穴などのトラップも数多く見られ、
  また戦時中は米軍に見つからないように、
  様々な工夫をして身を潜めて暮らしていた様子を知ることができる。」
  (wikiから引用)


カオダイ教といい、ここといい、感想を求められると返答に困ってしまう。


  俺らは観光で来てるけど、これらは本来観光地ではない。


 クチトンネルに関して言えば、ベトナム戦争中にアメリカ軍の猛攻から

  身を隠し耐え忍ぶために・・・言い換えれば当時のベトナム人が

   明日へ命を繋ぐために必死の想いで作ったものであって、

    これは決して、狭いトンネルの中で外国人が

     キャーキャー言って遊ぶアトラクションではない。


    沖縄行って、ひめゆり壕で同じことが出来るか?


  壕から出たら、戦時中実際に使われたピストルで実弾射撃をお楽しみ下さい。
  (オプション)

   ロシア製にアメリカ製。1回10発。お値段は$10くらいから。


     これもなー。。。┐(´へ` )┌


   韓国とかハワイとか、日本じゃ出来ないことだから

    遊びでやってみたくなる気持ちは分からないでもないけど、、、

   「人を殺す兵器で遊ぼう」っていう感覚自体に

     恐怖心を覚えるオレは少数派なんだろうか。。。


 同じバスに乗ってて

  「はじめまして。私たちは、日本に住んでいます。」

 と話しかけてきた、千葉の中学で英語教師してるイギリス人カップルは

  すんごくエンジョイしてたけどネェ~~φ( ̄ー ̄ )


サイゴンに帰って、屋台街で初ホビロン。

 「孵化前のアヒルの卵を茹でたもの。頂上部の殻を割り、
  穴を開けて中のスープを飲んだ後、そこに塩・胡椒を加えてスプーンで
  かき混ぜ、スクランブルエッグ状にして食べる
  (生えかけの羽毛やくちばしなどが混ざっていることがあるが、
  これは食べない)。おやつとして、路上の屋台などで売られている。」
  (wikiから引用)

 胡椒かけすぎだったけど、旨かったよ。ビールのつまみにいいかも。


    アヒルちゃんに合掌( ̄人 ̄)

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

tag:世界一周 バックパッカー ベトナム サイゴン

26日目:バイクが・・・(・∀・)ニヤニヤ

リクライニングなし、ギューギュー詰めの夜行路線バスで

  早朝に「サイゴン」へ。

都心が近づき、徐々に渋滞がひどくなってくる。

  けど、車はそんなに多くない。

    多いのは、やっぱりバイク。

水どう(=水曜どうでしょう)の最終企画「原付ベトナム縦断」でも見た

   バイクの洪水が、今目の前に。

    取り締まりが厳しいのか、一応みんなちゃんとヘルメットは被ってる。

     でもよく見ると、後ろに大量の荷物を積んでたり、

       3人乗りに4人乗り・・・苦笑が止まらない(;゚∀゚)


 バイクに埋もれたトラックのひとつに、

   幽霊みたいなカッコした人がたくさん乗ってた。

  おそらくこれが、ベトナム版の葬送行列なんでしょうね。


サイゴンのカオサン的安宿街、ファングーラオでチェックインし、

  早速サイゴンふれあい街歩きへ。

フォト
フォト

 アオザイの仕立て屋なんかを覗いて、メコン川。

  最後は、近くのベンタイン市場。


市場の前の広場では、多くの市民が体操や(蹴鞠みたいな)羽蹴りで、

  涼しくなる夕べのひと時を過ごしてた。

    この羽蹴り、ベトナム人みなめちゃめちゃ上手だった。

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

tag:世界一周 バックパッカー ベトナム サイゴン